太良海中道路

太良海中道路

有明海の西岸、佐賀県太良町にある多良川の河口部から有明海に向かって海中に伸びる道路が太良海中道路。すぐ北側にある大魚神社の海中鳥居とともに不思議な景観を生み出しています。太良海中道路が不思議なのは、干潮時にのみ姿を表すこと。つまり、満潮とともに水没し、海の中に消えてしまいます。

有明海の干満差を利用した漁業用の道路

太良海中道路
潮が満ちれば道路は水没

なぜこんな道路が生まれたのかといえば、「月の引力が見える町」とPRする太良町の潮の干満差は最大で6m。
干満の差が大きい有明海の特性を活かし、干潮時に船からの荷揚げを行なうための作業用道路なのです(太良町では海苔の養殖が盛んです)。
冬場の海苔の養殖時期になると、海中道路を利用しての板海苔の養殖作業が行なわれています。

太良町にはこうした海中道路が3ヶ所あります。

同じ有明海では、熊本県宇土市住吉町長部田にもやはり海苔養殖や採貝に使われる海中道路、長部田海床路(ながべたかいしょうろ)が築かれています。

名称 太良海中道路/たらかいちゅうどうろ
所在地 佐賀県藤津郡太良町多良1874-9地先
関連HP 太良町観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR多良駅から徒歩10分
ドライブで 長崎自動車道武雄北方ICから約29km
問い合わせ 太良町観光協会 TEL:0954-67-0065/FAX:0954-67-0067
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大魚神社の海中鳥居

大魚神社の海中鳥居

有明海の西岸、佐賀県太良町にある3基の海中鳥居が大魚神社(おおうおじんじゃ)の海中鳥居。多良川河口の北側、有明海の海中に3基の鳥居がありますが、これが大魚神社の二の鳥居。太良町の潮の干満差は最大で6mもあり、満潮時には海の中の鳥居に。すぐ南

竹崎城(竹崎城址展望台)

竹崎城(竹崎城址展望台)

佐賀県太良町の南端、有明海に突き出すようにある竹崎島にある中世の城跡が竹崎城(竹崎城址展望台)。竹崎島の灯台の建つ東側(有明海側)の丘の上に、中世の山城と水城の性格をあわせもつ竹崎城があります。南北朝時代の永和4年・天授4年(1378年)、

長田部海床路(海中道路)

長部田海床路(海中道路)

熊本県宇土市にある有明海の海中へと続く海中道路が長部田海床路(ながべたかいしょうろ)。干潮時だけに現れる海に続く漁業用道路で、満潮時には1kmほど続く道路に並走する24本の電柱と電線だけが海中に残されます。晴れていれば対岸に普賢岳を眺め、夕

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ