芦ノ湖スカイライン・山伏峠

芦ノ湖スカイライン・山伏峠

芦ノ湖の西側にそびえる箱根カルデラの外輪山(古期外輪山)の尾根沿い、静岡県(裾野市・御殿場市・三島市)と神奈川県(箱根町)の県境を走るのが芦ノ湖スカイライン。その途中、「レストハウスレイクビュー」から尾根沿いに上った標高1035mのピークが山伏峠です。

箱根三所権現、三島権現を遥拝できる地

芦ノ湖スカイライン・山伏峠
富士山、愛鷹山から駿河湾にかけてがジオラマのように展開

箱根峠側から料金所をくぐると、最初に登場するのが山伏峠。
駐車場一帯には、遊覧ヘリが飛び立つ芦ノ湖ヘリポート、「レストハウスレイクビュー」、「レストハウスフジビュー」があります。
駐車場に車を停めて少し尾根沿いに北へ5分ほど歩けば、標高1035mの山伏峠山頂。
芦ノ湖と神山・駒ヶ岳、そして富士山と駿河湾、三島・沼津市街、天城連山という大パノラマを得ることができます。

峠と呼ばれながらもピークですが、国土地理院の地形図にもちゃんと山頂部に山伏峠の名が記載されています。
三島権現(現・三島大社)と箱根三所権現(現・箱根神社)を結ぶ鎌倉古道は、現在の箱根峠の西、海ノ平(941.5m)あたりを越えていたとされ、芦ノ湖高原別荘地の一角に「推定平安鎌倉古道」の碑が立っていますが、修験者などは境川を詰めて、その源頭の山伏峠を越えたのかもしれません。

芦ノ湖は箱根三所権現の神領だったので、山伏峠は、対岸に箱根三所権現を遥拝し(駿河湾側の眼下には三島権現も!)、芦ノ湖を一望にする神聖な霊地だったとも推測できます(ほぼ真東に箱根神社があります)。

芦ノ湖スカイライン・山伏峠
対岸に箱根神社の湖中鳥居が視認できます
芦ノ湖スカイライン・山伏峠
名称 芦ノ湖スカイライン・山伏峠/あしのこすかいらいん・やまぶしとうげ
所在地 静岡県足柄下郡裾野市茶畑
関連HP 芦ノ湖スカイライン公式ホームページ
ドライブで 小田原厚木道路小田原西ICから約19km
駐車場 レストハウスレイクビュー駐車場を利用
問い合わせ 芦ノ湖スカイライン TEL:0460-83-6361
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
芦ノ湖スカイライン

芦ノ湖スカイライン

芦ノ湖の西にそびえる箱根カルデラの外輪山の山上、神奈川県と静岡県の県境を走る全長10.75kmの有料道路が芦ノ湖スカイライン。昭和37年に開通した本線と、昭和47年開通の湖尻線があり、湖尻線は、静岡県道337号(仙石原新田線)と湖尻峠で繋が

絶景! 芦ノ湖スカイライン(山伏峠・杓子峠・三国峠)

箱根外輪山沿いに900m〜1000mをうねうねと走るのが芦ノ湖スカイライン(全長10.75km)。箱根峠〜湖尻峠が一般区間(夜間は閉鎖)、湖尻峠〜湖尻水門が特別区間(夜間は無料開放)になっています。箱根外輪山を走るから全線が絶景!湖尻峠で箱

芦ノ湖スカイライン・杓子峠

芦ノ湖スカイライン・杓子峠

静岡県と神奈川県の県境、箱根外輪山沿いに走る有料道路、芦ノ湖スカイライン。杓子峠(静岡県裾野市)は、北側の三国峠、すぐ近くの山伏峠と並ぶ3大ビューポイントのひとつで、日没時間が早い秋冬には裾野市方面と沼津市方面の夜景を見渡すことができます(

芦ノ湖スカイライン・三国峠

芦ノ湖スカイライン・三国峠

静岡県と神奈川県の県境、箱根外輪山沿いに走る有料道路、芦ノ湖スカイライン。三国峠(静岡県裾野市)は、箱根外輪山の三国山(1101.8m)の西側を巻くように走る場所に位置する展望駐車公園。三国峠、杓子峠、山伏峠が芦ノ湖スカイラインの3大展望ス

芦ノ湖スカイライン・命の泉

芦ノ湖スカイライン・命の泉

箱根外輪山の山上、静岡・神奈川県境を走る芦ノ湖スカイライン。かつては駿河国、相模国、伊豆国の三国境だったという三国山の南肩にあるのが命の泉(みことのいずみ)。命(みこと)とは、倭建命(やまとたけるのみこと/日本武尊)のこと。日本武尊の東征に

箱根スカイライン・箱根芦ノ湖展望公園

箱根スカイライン・箱根芦ノ湖展望公園

箱根外輪山の湖尻峠(静岡県裾野市)と長尾峠(御殿場市)を結ぶ静岡県道路公社が管理する延長5kmの有料道路が箱根スカイライン。芦ノ湖と富士山を眺望する展望駐車公園が箱根芦ノ湖展望公園です。平成30年にバリアフリー化され、駐車場からスロープで展

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ