多賀大社『御田植祭』|多賀町

多賀大社『御田植祭』

毎年6月第1日曜、滋賀県多賀町の多賀大社で『御田植祭』が齋行されます。多賀大社の御神田で行なわれる御田植祭り。豊年講から選ばれた早乙女70名が昔ながらの菅笠、紅タスキの姿に扮し、その年一年の豊年満作を祈願して御神田に田植えを奉納します。御田植え踊りや豊年太鼓踊りなども奉納。

早乙女が田植えを奉納し、豊年満作を祈願

本殿祭 13:00~
お田植神事 14:00~
豊年太鼓踊りの奉納に続き、御神田を清める御湯式(おゆしき)が執り行なわれ、田植唄と田植踊りに合わせ早乙女(さおとめ)により10アールの御神田にお田植えが行なわれます。

多賀大社では、6月30日15:00~夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)も行なわれます。

多賀大社『御田植祭』|多賀町
開催日時 毎年6月第1日曜
所在地 滋賀県犬上郡多賀町多賀604
場所 多賀大社御神田
関連HP 多賀大社公式ホームページ
電車・バスで 近江鉄道多賀線多賀大社前駅から徒歩10分
ドライブで 名神高速道路彦根ICから約5.5km
駐車場 300台/無料
問い合わせ TEL:0749-48-1101/FAX:0749-48-1105
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
多賀大社

多賀大社

『古事記』に「伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)は淡海(=近江)の多賀に坐す」と記された滋賀県多賀町の多賀大社。「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」、「お伊勢七度熊野へ三度 お多賀さまへは月参り」と謳われ、中世から近世にか

多賀大社『古例大祭』(多賀まつり)

多賀大社『古例大祭』(多賀まつり)

毎年4月22日8:30〜17:00、滋賀県多賀町の多賀大社で『古例大祭』(多賀まつり)が行なわれます。多賀大社の年中行事のうちで最も重要な大祭で、武家や公家などの装束に身を包んだ氏子ら総勢500人が、馬を引き連れて神社周辺を練り歩きます。五

多賀大社・万灯祭

多賀大社『万灯祭』

湖国・近江(滋賀県)の湖東に鎮座する、日本有数の古社、多賀大社。8月3日の17:30〜、祭神降臨の地・杉坂山で『御神火祭』が行なわれ、浄火が古式により切り出され、山麓の調宮神社(ととのみやじんじゃ=多賀大社の元宮)を経て本社に運ばれると、1

多賀大社『節分祭』

多賀大社『節分祭』|2019|多賀町

2019年2月3日(日)、滋賀県多賀町の多賀大社で『節分祭』が行なわれます。県内外から還暦を迎えた年男300余名が、赤頭巾に袴姿で福豆、福餅まきを務めます。能舞殿で、島根県の無形文化財因原(いんばら)神楽団による「鬼の舞」が奉納されたのち、

多賀大社『夏越の大祓式』

多賀大社『夏越の大祓式』|多賀町

毎年6月30日15:00~、滋賀県多賀町の多賀大社で『夏越の大祓式』(なごしのおおはらえしき)が齋行されます。太鼓橋の前に大きな茅の輪が立てられ、大晦日の大祓式以来、半年間のうちに積もった日頃の罪・穢れ(けがれ)を人形(ひとかた)により祓う

日本三大御田植祭

日本三大御田植祭とは!?

牛の代掻き(しろかき=水を張った田の土を撹拌する作業)、早乙女(さおとめ)による田植えなど、農作業の工程を模擬的に演じ豊作を祈念する神事が『御田植祭』。伊勢神宮、多賀大社などの寺社や皇室の領田などで伝えられる行事で、香取神宮(千葉県香取市)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ