佛山寺

佛山寺

大分県由布市湯布院町、金鱗湖(きんりんこ)の南側に建つ臨済宗の寺が、佛山寺(ぶっさんじ)。康保年間(964年~968年)、性空上人(しょうくうしょうにん)によって開かれたと伝えられる古刹。古くから由布岳への信仰者を集めた山岳信仰の拠点で、当初は天台宗で前由布岳の中腹に堂宇が建っていました。

由布岳の山岳信仰を今に伝える古刹

佛山寺

康保年間(964年〜968年)、性空上人が由布岳に六観音の霊場を開き、佛山寺を創建、宇奈岐日女神社を習合して、六柱の神々を祀ったのが始まりで、由布岳信仰(神仏習合の山岳信仰)と中心として栄えました。

性空が由布岳の山腹で読経すると鳴動する岩があり、その岩で観音像を造り祀ったのが始まりという伝説から、火山性の地震があったとも推測できますが、由布岳には記録に残る火山活動はありません(由布岳では、2200年前に規模の大きな噴火活動が発生しています)。

豊後富士と呼ばれる秀麗な山、『万葉集』にも歌われる知名度、山頂部にある数個の溶岩ドームの奇観を背景に、佛山寺も修験道なども習合した天台密教の寺として多くの伽藍を構えたと推測できます。

そんな繁栄の最中(さなか)、文禄5年(1596年)、別府湾口を震源とする慶長豊後地震で由布岳で大規模な山崩れが発生、佛山寺の堂宇も倒壊したため、廃絶状態となり、その後、山麓の津江地区に臨済宗の寺として再興されています。

現在の佛山寺(臨済宗)も、本尊は性空が鳴動する岩に刻み、由布岳に祀られていたという石造観世音菩薩。
33年に一度ご開帳される秘仏です。

杉と竹の林に囲まれた境内には元禄年間(1688年〜1704年)の築という茅葺き(かやぶき)の鐘楼門と本堂、庫裡などがあり、凛とした禅寺の雰囲気が漂っています。

佛山寺参道に続く美しい石垣の道は、地元観光協会おすすめの散策スポットになっています。

境内からから由布岳の頂を望見しますが、毎年7月18日には、由布岳の山霊を鎮める『山霊祭』が行なわれ、往時を偲ぶことができます。

観光辻馬車も停車するほか、毎週土、日曜の朝7:00〜座禅会も実施(電話で予約を/志納)。

宇奈岐日女神社(うなぎひめじんじゃ)は、明治初年の神仏分離まで六所宮と呼ばれて佛山寺と習合していた社で、実は金鱗湖に建つ石造鳥居も佛山寺のもの。

佛山寺
山号の「龍峩山」の扁額が山門(鐘楼門)に
佛山寺
名称 佛山寺/ぶっさんじ
所在地 大分県由布市湯布院町川上1879
関連HP 由布市公式ホームページ
電車・バスで JR由布院駅から徒歩20分、またはタクシーで5分
ドライブで 大分自動車道湯布院ICから約5km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 佛山寺 TEL:0977-84-2714
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
宇奈岐日女神社

宇奈岐日女神社

大分県由布市湯布院町、湯布院温泉街の南に位置するのが、宇奈岐日女神社(うなぎひめじんじゃ)。平安時代の『延喜式神名帳』に記載の式内社。祭神は国常立尊、国狭槌尊、彦火火出見尊、彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊、神倭磐余彦尊、神渟名川耳尊の6柱で別名「六

観光辻馬車

観光辻馬車

大分県由布市湯布院町、湯布院を歩いていると、どこからともなくポコポコという馬のひづめ音が聞こえて来ますが、観光辻馬車。JR由布院駅前を起点に、佛山寺、宇奈岐日女神社などを巡る観光馬車で、由布岳をバックに湯布院の田園地帯をのんびりと周回します

湯の坪街道

湯の坪街道

大分県別府市湯布院町、JR由布院駅から金鱗湖(きんりんこ)・佛山寺方面、由布岳西登山口へと伸びる道が、湯の坪街道。正面に豊後富士と称される由布岳(1583.3m)を眺める、記念撮影にも絶好の道で、土産物店や飲食店などが軒を並べ、ゆふいん湯の

天祖神社

天祖神社

大分県由布市湯布院、金鱗湖(きんりんこ)の南岸に鎮座するのが、天祖神社(てんそじんじゃ)。主祭神は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。佛山寺にあった金毘羅大権現(金比羅宮)も明治の神仏分離で天祖神社に合祀。金鱗湖の湖中に立つ鳥居も実は、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ