富田の清水

富田の清水

青森県弘前市紙漉町(かみすきまち)にある湧水が富田の清水(とみたのしつこ)。紙漉町という名の通り、延宝5年(1677年)に町割りされ、貞享3年(1686年)、津軽藩4代藩主・津軽信政の命で熊谷吉兵衛が、清水(しつこ)を利用して弘前藩の御用紙漉所を設置し、紙漉職人が暮らした町。環境省の名水百選にも選定されています。

紙漉町は、弘前藩の御用紙漉所のあった地

越前(現・福井県)から和紙職人・熊谷吉兵衛を招聘した4代藩主・津軽信政は、延宝5年(1677年)、紙漉町の町割りと同時に和紙の原料となる楮(こうぞ)の栽培を始めています。
和紙製造に大量の水を使うことから、現・紙漉町に御用紙漉所を定めたのは、熊谷吉兵衛の案だと推測できます。
その弘前藩の御用紙漉所があったのは、現在の弘前紙漉町郵便局の建つあたり。

1日に14.4tという湧出量を利用して紙漉きが行なわれたのです。
昭和初期まで製紙に使われ、製紙業が廃れてからは生活用水にとして活用されてきました。
並んでいる水槽は6つあり、1槽・2槽目が飲用、3槽目が米・青物の洗いと洗顔用、4槽目が紙漉きの材料・漬物樽用、5槽・6槽目が洗濯のすすぎ、足洗用と決められていました。

現在は弘前市が管理し、「飲用は給水口から」という注意書きがあります。
ちなみに富田というのはかつての中津軽郡富田村に由来。

青森県にある環境省「名水百選」に選定の湧水は、もう1ヶ所、平川市の渾神の清水があります。

名称 富田の清水/とみたのしつこ
所在地 青森県弘前市紙漉町5-2
関連HP 弘前観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで 弘南鉄道弘前下駅から徒歩6分。中央弘前駅から徒歩8分
ドライブで 東北自動車道大鰐弘前ICから約10km
問い合わせ 弘前観光コンベンション協会 TEL:0172-35-3131
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
渾神の清水

渾神の清水

青森県平川市にある湧水が渾神の清水(いがみのしつこ)。清水を「しつこ」(しんちこ)と呼ぶのは津軽の方言。かつてこの地にあった竹館村(たけだてむら)の村史には、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の蝦夷(えみし)征討の際、眼病を患ったのをこ

環境省「名水百選」 東北12名水

昭和60年3月に環境庁(現・環境省)が選定した「名水百選」(昭和の名水百選)。「保全状況が良好」で「地域住民等による保全活動がある」のが名水の条件で、東北6県からは各県仲良く2ヶ所ずつ合計12ヶ所の名水が選定されています。ブナの森に湧く水、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ