高家神社『春の例大祭 庖丁式奉納(大漁祈願祭)』|南房総市

高家神社『春の例大祭 庖丁式奉納(大漁祈願祭)』

毎年5月17日11:00頃〜、千葉県南房総市の高家神社(たかべじんじゃ)で『春の例大祭 庖丁式奉納(大漁祈願祭)』。料理の神様・磐鹿六鴈(いわかむつかり)を祀る高家神社で、春の例大祭に合わせて「四條流たかべ社中」(旧たかべ庖丁会)が漁の安全と豊漁、五穀豊穣を祈念して庖丁式を奉納するもの(大漁祈願祭)。

藤原山蔭が創始した四條流包丁術を奉納

奉納される四條流包丁術は、9世紀の半ば、光孝天皇の命により藤原山蔭(ふじわらのやまかげ)が創始したもの。
唐の食習慣・調理法が日本にもたらされ、それが日本的に昇華し、包丁術となったもの。
室町時代後期の長享3年(1489年)頃に記された『四條流庖丁書』には、俎の寸法、具体的な料理法、箸や膳の飾り方にいたるまで詳細な記述があります。
包丁を入れる食材に関しては、海のものを上、川のものを中、山のものを下と記されています。

包丁式は、そんな四條流包丁術を現代に伝え、藤原山蔭が鯉をさばいて以来の伝統技法を烏帽子(えぼし)、直垂(ひたたれ)姿で庖丁と真魚箸(まなばし)のみで魚を捌くという厳かな式となっているのです。

千倉地域の住民団体、観光協会、商工会などが協議会を組織し、伝統儀式「庖丁式」を後世に伝える保存・継承活動に取り組み、千倉の民宿・旅館を経営する宿の主人らで「四條流たかべ社中」(旧たかべ庖丁会)を組織。
毎回、黒鮑(くろあわび)、鰍(いなだ)など地元産の魚介をお題にして、春の例大祭(四條流たかべ社中の奉納)、秋の例大祭(10月17日/四條眞流会の奉納)、新穀感謝祭(11月23日/四條流石井派の奉納)に奉納されています。

高家神社『春の例大祭 庖丁式奉納(大漁祈願祭)』|南房総市
開催日時 毎年5月17日11:00頃〜
所在地 千葉県南房総市千倉町南朝夷164
場所 高家神社
関連HP 南房総市公式ホームページ
電車・バスで JR内房線千倉駅から日東バス白浜方面行きで関谷病院前下車、徒歩10分
ドライブで 東京湾フェリー金谷港から約32km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 高家神社社務所 TEL:0470-44-5625
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

高家神社『庖丁式』(秋の例大祭・新穀感謝祭)|南房総市

千葉県南房総市の南端、千倉町谷津地区の海を見下ろす山裾に鎮座する高家神社(たかべじんじゃ)の祖神は磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)で、料理の神様を祀る神社として有名。10月17日の『例大祭』(旧神嘗祭=かんなめさい)と11月23日の『新

高家神社

南房総市の千倉にある神社で、「料理の祖神」であるといわれる磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)を祀る神社として料理関係者や味噌醤油醸造業者などから崇敬されています。「料理の祖神」を祀り、包丁式で有名『日本書紀』と『高橋氏文』(たかはしうじぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ