龍門の滝

龍門の滝

栃木県那須烏山市を流れる那珂川の支流、江川に懸かる幅65m、落差20mの豪快な滝。JR烏山線滝駅から徒歩5分の位置にあり、滝のすぐ上流を烏山線が走り、滝と烏山線という鉄道撮影地にもなっています。入口の「龍門ふるさと民芸館」から階段を下ると滝壺側の河原に出ますが、滝からの飛翔で濡れるので、対策を。

ナイアガラ的な滝と烏山線をワンフレームで

龍門の滝

龍(大蛇)が住むという伝説が滝名の由来ですが、滝の中段には、直径4mの男釜(おがま)、直径2mの女釜(めがま)という2つの甌穴(おうけつ)があります。

地質的には喜連川-益子丘陵に位置し、浸食により砂岩、頁岩層が削られ、中新世に堆積した火砕岩が残されたものと推測されています。

11月中旬~11月下旬には鮭の遡上も観察できます。
龍門の滝が魚止めの滝となっているのです。

滝の北側1kmほどのところには、土木遺産にも認定される、太平洋戦争時の手掘り坑道を貯蔵庫とした島崎酒造(洞窟酒蔵)もあるので時間が許せば寄り道を。

龍門の滝
名称 龍門の滝/りゅうもんのたき
所在地 栃木県那須烏山市滝414
関連HP 那須烏山市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR滝駅から徒歩5分
ドライブで 北関東自動車道宇都宮上三川ICから約36km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 龍門ふるさと民芸館 TEL:0287-83-2765
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
島崎酒造(洞窟酒蔵)

島崎酒造(洞窟酒蔵)

栃木県那須烏山市にある「東力士」の銘柄で知られる酒蔵が島崎酒造。嘉永2年(1849年)創業という老舗の酒蔵で、第二次世界大戦末期に戦車製造のために掘削された地下工場跡が洞窟酒蔵になっており、仕込み時期を除いた土・日曜、祝日、GW、お盆などに

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ