日光東照宮・釣灯籠

日光東照宮・釣灯籠

日光東照宮の陽明門前にあるのが釣灯籠。オランダ王国が、オランダ商館を通じて3代将軍・徳川家光に献上した3基の灯籠のうちの1基で、附(つけたり)・銅燈籠として国の重要文化財に指定されています。寛永13年(1636年)、3基のうちでは最初に献上された欧風のシャンデリア型灯籠です。

オランダ王国から最初に寄進された灯籠

オランダ人の日光参詣は認められていませんでしたから、奉納される場所のイメージなどあるはずもなく、3基めの廻転燈籠は、和風の要素も漂わせていますが、最初の釣灯籠はシャンデリア型。
真鍮細工師ヨースト・ヘリッツゾーン(Joost Gerritszoon)の作であることが『日本大王国志』の記載で判明しています(1636年に商務総監フィリップス・ルカスの質問に後にオランダ商館長となるフランソワ・カロンが答えたもの)。
寛永13年(1636年)といえば、島原の乱以前で、オランダ商館が鎖国政策で長崎・出島に移る前、平戸にあった時代です。

名称 日光東照宮・釣灯籠/にっこうとうしょうぐう・つりとうろう
所在地 栃木県日光市山内2301
関連HP 日光東照宮公式ホームページ
電車・バスで 東武日光駅から東武バス世界遺産めぐりで勝道上人像前下車、徒歩10分
ドライブで 日光宇都宮道路日光ICから約3km
駐車場 100台/有料
問い合わせ 日光東照宮社務所 TEL:0288-54-0560/FAX:0288-54-0061
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日光東照宮・蓮灯籠

日光東照宮・蓮灯籠

日光東照宮には江戸時代初期にオランダ商館から寄進された灯籠が、3基あり、いずれも陽明門の基部に配されていますが、そのうちのひとつが蓮灯籠。蓮灯籠というとお盆の灯籠などをイメージしますが、日本では見かけないスタンド型の灯籠で、寛永17年(16

日光東照宮・廻転灯籠(逆紋の廻り灯籠)

日光東照宮・廻転灯籠(逆紋の廻り灯籠)

日光東照宮陽明門の上り口、鼓楼近くにあるのが廻転灯籠。寛永20年(1643年)、オランダ国(オランダ商館)からの奉納です。灯籠上部に取り付けられた葵の紋が上下逆さであることから「逆紋の廻り灯籠」と称されています。附(つけたり)・銅燈籠として

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ