津軽海峡冬景色歌謡碑

作詞・阿久悠(あくゆう)、作曲・編曲三木たかしという黄金コンビで昭和52年に大ヒットした演歌が石川さゆりが歌った『津軽海峡・冬景色』。その歌碑が立つのが、津軽海峡を見下ろす龍飛崎の高台です。歌碑は、ボタンを押すと「ごらんあれが竜飛岬北のはずれと」と2番の歌詞が流れる仕組みに。

あの名曲に歌われたシーンが眼前に展開!

ボタンを押すと歌の2番が流れます

『津軽海峡・冬景色』は昭和52年1月1日リリース。
昭和63年の青函トンネル開通までは、青森と函館を結ぶ青函連絡船が運航されていました。

上野駅から夜行列車に乗車し、青森駅で下車。そして徒歩で青函連絡船に乗り換え(当時、「八甲田」、「十和田」、「津軽」、「ゆうづる」、「はくつる」、「あけぼの」という夜行列車がありました)。
船の中から竜飛岬を眺めるというシーンが印象的な歌詞で、大ヒット。

第19回日本レコード大賞・歌唱賞、第6回FNS歌謡祭グランプリ・最優秀歌唱賞などの音楽賞を受賞し、歌手・石川さゆりも『津軽海峡・冬景色』で『NHK紅白歌合戦』を果たしています。

その後も、紅白でたびたびこの歌を歌っており、石川さゆりの『天城越え』とともに『NHK紅白歌合戦』の紅組のトリの曲としてもよく知られています。
 

津軽海峡冬景色歌謡碑 DATA

名称 津軽海峡冬景色歌謡碑/つがるかいきょうふゆげしきかようひ
所在地 青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜
関連HP 外ヶ浜町公式ホームページ
電車・バスで JR三厩駅から外ヶ浜町循環バス龍飛行きで30分、龍飛下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道青森ICから約70km(1時間25分)
駐車場 50台/無料
問い合わせ 外ヶ浜町役場産業観光課TEL:0174-31-1228
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
青函トンネル記念館

青函トンネル記念館

2020年2月15日

阿久悠記念館

2017年11月11日

龍飛埼灯台

2017年7月11日

階段国道

2017年4月16日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ