若洲風力発電施設

若洲風力発電施設

東京都江東区若洲3丁目、東京ゲートブリッジ北詰の江東区立若洲公園にあるのが、若洲風力発電施設。地球温暖化防止策として、江東区が若洲公園内に建設した風力発電施設で、平成16年4月に稼動。若洲公園の多目的広場(5.5ha)にそびえる日本有数という巨大な風力発電の風車です。

国内最大級の大型風力発電設備が若洲に

若洲風力発電施設

ドイツのノルディックス社(NPRDEX)製の風力発電機で、タワーの高さ60m、翼(ブレード)の直径が80m、トータルの高さは100mとなり、最大出力は1950kw。
風速4mの風で回り出し、25mになると安全のため運転を停止する仕組み。
平均風速7mで年間予想発電量は350万kwと、約1000世帯分の消費電力を賄える計算です。

またタワー部には、キャラクターが描かれていますが、これは次世代の子供たちにも風力発電に親しんでもらおうとの配慮から(公園に訪れた誰もが間近で風車を見学し、再生可能エネルギーについて学習することができる施設)。
周辺には6種類12基の小型風車のオブジェが、説明パネルとともに配されています。

無人の施設のため、説明を受けることや内部の見学はできません。

若洲風力発電施設
名称 若洲風力発電施設/わかすふうりょくはつでんしせつ
所在地 東京都江東区若洲36
関連HP 江東区公式ホームページ
電車・バスで JR京葉線・東京メトロ有楽町線・りんかい線新木場駅から都バス若洲キャンプ場前行きで終点下車
ドライブで 首都高速湾岸線新木場ICから約4km
駐車場 江東区立若洲公園駐車場(492台/有料)・若洲海浜公園駐車場(322台/有料)
問い合わせ 江東区環境学習情報館(えこっくる江東)TEL:03-3644-7130
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジ

東京港の入口、中央防波堤外側埋立地(海の森公園)と若洲地区(若洲海浜公園)を結ぶ海上橋が東京ゲートブリッジ。東京港のクルーズ船も通る東京港第三航路(東京東航路)を跨ぎ、平成24年2月12日に開通。東京港臨海道路の一部で、海上部分は1618m

若洲昇降タワー・東京ゲートブリッジ歩道

若洲昇降タワー・東京ゲートブリッジ歩道

東京湾の入口、東京港臨海道路の中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ海上橋が東京ゲートブリッジ。その都心側(東京港内側)のは歩道が付けられ、若洲海浜公園側の若洲海浜公園キャンプ場南側にある若洲昇降タワー(若洲側昇降施設)を使って橋上に上がり

若洲海浜公園・江東区立若洲公園

若洲海浜公園・江東区立若洲公園

東京都江東区若洲3丁目、東京港に架る東京ゲートブリッジの北詰めにある東京港海上公園が、都立の若洲海浜公園。海に囲まれた広大な敷地にゴルフ場、展望台、ヨット訓練所、海釣り施設、キャンプ場などを備えた、大規模な都立の海浜公園で、江東区立若洲公園

若洲公園キャンプ場

若洲公園キャンプ場

東京都江東区若洲3丁目、東京ゲートブリッジ北詰の江東区立若洲公園にあるのが、面積5.5haの若洲公園キャンプ場。東京湾を眼前に、東京国際空港に離着陸する飛行機を見上げる草地のキャンプサイトで、キャンプのほか、日帰りでのバーベキュー(手ぶらで

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ