境浄水場

境浄水場

東京都武蔵野市にある東京都水道局の浄水場が、境浄水場。東京市の水道需要の切迫を受けて、大正13年3月30日に通水を開始。村山貯水池(多摩湖)、山口貯水池(狭山湖)の完成を受けて(昭和2年)、両貯水池の水が導水され、日本で最大規模の緩速ろ過方式の浄水場となっています。

村山貯水池(多摩湖)、山口貯水池(狭山湖)の水をろ過

境浄水場

村山貯水池(多摩湖)、山口貯水池(狭山湖)は連絡管でつながり、東京都の水源として一体運用されています。
その水が送られるのが、境浄水場と東村山浄水場。
羽村取水堰から、自然流下で導水されていますが、導水管の直径は、2.9mという巨大なもの。
導水管の上部は、東京都道253号(保谷狭山自然公園自転車道線)、通称「多摩湖自転車歩行者道」になっていて、東京を代表するサイクリングコース、そして直線道路になっています。

境浄水場がカバーするのは、千代田区、渋谷区、世田谷区、港区、目黒区などの水道で、11kmほど下流の和田堀給水所が配水池です。
境浄水場と和田堀給水所を結ぶ水道道路が井の頭通りで、通りの下にも水道管が埋設されています。

境浄水場からJR武蔵境方面へと弧を描いて伸びる緑地帯(本村公園)は、境浄水場建設に必要な砂利、砂、セメントなどの資材を運搬するために、大正10年に敷設された境浄水場専用線の跡。
セメントなどの建設資材は青梅鉄道(現・青梅線)・中央本線経由で武蔵境駅まで運ばれ、専用線で運び込まれたのです。
昭和18年〜終戦までは、北側にあった中島飛行機武蔵製作所への引込線としても使われました。
戦後は、米軍接収後、東京スタジアムグリーンパーク野球場(現在の武蔵野中央公園一帯)となり、境浄水場専用線の途中から分岐線・武蔵野競技場線をつくり、三鷹駅から武蔵野競技場前駅まで旅客輸送を行なっていました。

浄境浄水場完成後も濾過砂運搬用に使用され、昭和46年12月に廃線に。
東京にある、知られざる廃線跡のひとつです。

ちなみに緩速ろ過とは、細かな砂の層に1日4~5mというゆっくりとした速さで水を浸透させ、砂層に存在する微生物の分解作用によって水の中の浮遊物などを取り除くろ過方法。
薬品を使わず、自然にやさしい浄水のため(山の湧き水に近いかたち)、おいしい水を生み出すことができ、東京都水道局の「安全でおいしい高品質な水道水」は、こうしたろ過方法にも支えられています(急速ろ過に比べて、嫌な匂い、味が減少)。

境浄水場
名称 境浄水場/さかいじょうすいじょう
所在地 東京都武蔵野市関前1-8-37
電車・バスで JR・西武鉄道武蔵境駅から徒歩15分
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
堀合遊歩道

堀合遊歩道

東京都三鷹市、JR中央本線・三鷹駅の西側から北側の境浄水場方面に伸びる緑地帯が、堀合遊歩道(ほりあわいゆうほどう)。三鷹電車庫に近い堀合児童公園からスタートし、弧を描いて新武蔵境通りまでの緑地帯で、国鉄・武蔵野競技場線の廃線跡で、武蔵野市側

グリーンパーク遊歩道

グリーンパーク遊歩道

東京都武蔵野市、武蔵野中央公園へと北上する緑道が、グリーンパーク遊歩道。武蔵野中央公園から東側一帯は、戦前に軍需産業の中島飛行機武蔵製作所だった地。その工場に資材を運んだ鉄道の廃線跡を遊歩道に転用したもの。戦後の8年間は東京グリーンパーク球

関前高射砲陣地跡(グリーンパーク遊歩道)

関前高射砲陣地跡(グリーンパーク遊歩道)

東京都武蔵野市関前3丁目、かつて陸海軍の航空機のエンジンを製作していた中島飛行機武蔵製作所への引込線だったグリーンパーク遊歩道途中にあるのが、関前高射砲陣地跡(せきまえこうしゃほうじんちあと)。戦時中、中島飛行機武蔵製作所は8回もの空爆を受

武蔵野中央公園

武蔵野中央公園

東京都武蔵野市八幡町2丁目にある都立公園が、武蔵野中央公園。戦前は中島飛行機武蔵製作所西工場(中島飛行機多摩製作所)だった地で、戦後はアメリカ軍に接収され、グリーンパークと呼ばれていました。公園の東側は市街化され、戦後の一時期あったという武

馬水槽

馬水槽

東京都新宿区新宿3丁目、JR新宿駅の東口駅前広場にあるのが、馬水槽。赤花崗岩で造られた水槽で、前面の上部が馬用、下部が犬猫用の水飲み場、その裏面が人間の水飲み場という珍しいもの。明治39年、当時の東京市役所前(現在の千代田区、東京国際フォー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ