羅漢寺

羅漢寺

大分県中津市の耶馬渓(やばけい)のなか、標高250mの羅漢山中腹に位置する、全国羅漢寺の本山といわれる古刹が羅漢寺(らかんじ)。山号は耆闍崛山(ぎしゃくつせん)、本尊は舎利塔に納められた仏舎利(ぶっしゃり)です。羅漢とは釈迦の高弟のことで、境内には国の重要文化財に指定の3700体以上の石仏が安置されています。

南北朝時代に祀られた石仏が現存、国の重要文化財に!

羅漢寺
羅漢寺

寺伝によれば、大化元年(645年)、インドの僧、法道仙人による洞窟修禅が起源との伝説が残りますが、南北朝時代、臨済僧の円龕昭覚(えんがんしょうがく)が岩窟に十六羅漢を祀り、幻住庵(げんじゅうあん)を建立。
これが「古羅漢」と呼ばれる岩山の史実に残る始まりで、中国の天台山、ひいては聖地・天竺(インド)をイメージしたものだったとか。

その後、昭覚は、山麓に智剛寺(ちごうじ)を開山。
その智剛寺も戦国時代の戦火で荒廃し、慶長5年(1600年)、鉄村禅師(てっそんぜんし)により再興、曹洞宗に改められました。

現在の諸堂は、昭和18年の火災後に再建されたものですが、寺域には3700体以上の石仏が点在し、国の重要文化財に指定されています。
なかでも無漏窟(むろくつ)に安置されている五百羅漢(ごひゃくらかん)は、昭覚が、延元4年(1339年)に中国から来日して庵を結んだ僧・逆流建順(げきりゅうけんじゅん)とともに、この岩窟に築いたと伝わる石仏群。
この石仏群の完成で、時の将軍・足利義満(あしかがよしみつ)から羅漢寺の寺号を与えられています。

岩窟中央には釈迦如来を安置するなど、山岳密教的要素も見て取れます。
また室町時代建立という山門の脇には、普覚禅師(ふかくぜんじ)が刻んだと伝わる千体地蔵も残されています。

山麓の駐車場から羅漢寺まで耶馬渓観光リフトの利用も可能。

羅漢寺
羅漢寺
 

羅漢寺 DATA

名称 羅漢寺/らかんじ
Rakanji Temple
所在地 大分県中津市本耶馬溪町跡田1501
関連HP 中津市公式ホームページ
電車・バスで JR中津駅から大分交通バス全路線10分、中島下車、徒歩すぐ
ドライブで 大分自動車道玖珠ICから約29km
駐車場 羅漢寺公共駐車場(50台/無料)
問い合わせ TEL:0979-52-2538
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

本耶馬渓・競秀峰

2018.05.12

青の洞門

2018.05.11
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ