日本三大五百羅漢とは!?

500rakan-big3

五百羅漢は、一切の煩悩(ぼんのう)を払って修行の最高位に達した仏弟子500人ことで、その功徳を授かれるのが五百羅漢像です。日本三大五百羅漢に数えられるのは、徳蔵寺(栃木県足利市)、喜多院(埼玉県川越市)、建長寺(神奈川県鎌倉市)、そして羅漢寺(大分県中津市本耶馬渓町)です。

日本三大五百羅漢、選定の基準を探る

日本三大五百羅漢に関しては、徳蔵寺(栃木県足利市)、喜多院(埼玉県川越市)、建長寺(神奈川県鎌倉市)、そして羅漢寺(大分県中津市本耶馬渓町)が候補ですが、造営の年代からすれば、三大五百羅漢から外れることのある羅漢寺は、南北朝時代の造営で、国の重要文化財と歴史的文化的な価値も大で、三大五百羅漢筆頭ともいえる存在。
岩手県遠野市の五百羅漢は天明9年(1782年)頃に造立と、徳蔵寺よりも古いのですが、現存数は380体と500には足りないのが難点で、三大にノミネートされていません。
東海道の名刹、清見寺(静岡県静岡市清水区)の五百羅漢は、島崎藤村の『桜の実の熟する時』に登場する五百羅漢で、寛政5年(1793年)に完成していますが、こちらもノミネートから外れています。
石川啄木、宮沢賢治ゆかりの報恩寺(岩手県盛岡市)には、享保16年(1731年)から4年を費やし、京で9人の仏師が制作した500体の羅漢が安置されていますが、こちらも三大には数えられていないので、現在「日本三大五百羅漢」と通称されている五百羅漢は、年代だけが基準ではないことがわかります。
「日本三大五百羅漢」候補地4ヶ所に共通することを、あえて探せば、その文化的な背景でしょうか。
河川舟運の興隆を背景にした徳蔵寺、商都として発展した川越の財力を背景にした喜多院、鎌倉五山第一位で徳川将軍家との密なる関係をバックボーンにした建長寺、そして耶馬溪(やばけい)の羅漢寺とくれば、やはり三大にふさわしい価値があります。

五百羅漢(遠野)

五百羅漢(遠野)

岩手県遠野市、苔むした自然石に羅漢像が線彫りされ、380体も並んでいるのが五百羅漢。天明9年(1782年)頃に大慈寺(現・岩手県遠野市大工町9-20)の義山和尚が宝暦や天明の大飢饉で餓死した数千人もの霊を供養するために刻んだものと伝えられて

清見寺

静岡市清水区の興津(おきつ)、清水港や三保松原を望む高台にあり、「興津(おきつ)の清見寺」として知られる臨済宗の名刹。その歴史は古く、創建は7世紀頃と伝えられています。天文8年(1539年)、今川義元の軍師・大原雪斉により、現在の臨済宗に転

報恩寺

報恩寺

岩手県盛岡市にある石川啄木、宮沢賢治ゆかりの曹洞宗の寺が報恩寺(ほうおんじ)。報恩寺は、盛岡市街の北の寺町(北山・名須川寺院群)に位置し、藩政時代には、盛岡五山のひとつに数えられていたという歴史ある古刹。石川啄木の詩集『あこがれ』のなかの「

日本三大五百羅漢、候補は4ヶ所

徳蔵寺|栃木県

所在地:栃木県足利市猿田町9-3
建立年文化10年(1813年)
総数513体
寄進者渡良瀬川舟運の隆盛を背景に、北猿田河岸の河岸問屋「萬屋」の11代・吉右衛門が中心となり5軒の問屋で奉納
内容ピラミッド型の最上段に、阿弥陀如来坐像1体、観世音菩薩立像1体、勢至菩薩立像1体を配し、その下に像高28cmの五百羅漢像500体を並べています。
段の角には釈迦の弟子の立像10体を配置

徳蔵寺

徳蔵寺

栃木県足利市にある建久元年(1190年)創建という天台宗の古刹が、徳蔵寺。文化10年(1813年)建立の羅漢堂にはピラミッド型になった10段に513体の五百羅漢(栃木県の文化財)が並び、壮観。愛染堂に安置される愛染明王像は、円仁(慈覚大師)

喜多院|埼玉県

所在地:埼玉県川越市小仙波町1-20-1
建立年天明2年(1782年)〜文政8年(1825年)
総数538体
寄進者川越北田島の志誠(しじょう=内田善右ヱ門)と蔦右衛門の発願、志誠大徳は二大士、十六像をはじめ、40尊を造って4年目に病に倒れ、喜多院の学僧であった慶厳、澄音、祐賢がその遺志を受け継いで、浄財を集め、40余年の歳月を費やして完成
内容中央高座の大仏(おおぼとけ)に釈迦如来、その脇侍(わきじ)に獅子に乗った文殊菩薩(もんじゅぼさつ)と象に乗った普腎菩薩(ふげんぼさつ)、左の高座に阿弥陀如来、右の高座に地蔵菩薩が鎮座
当時の川越は、商都として発展(武蔵国屈指の大都会、現在の埼玉県では最大の人口でした)、さらに喜多院は将軍家とも密接なつながりがあったので、商人、武家の寄付もあったと推測できます

喜多院(川越大師)・五百羅漢

喜多院(川越大師)・五百羅漢

埼玉県川越市にある、円仁(慈覚大師)創建と伝えられ、家康・秀忠・家光の徳川3代に仕えた天海大僧正ゆかりの名刹が、喜多院(川越大師)。境内にある五百羅漢は、天明2年(1782年)〜文政8年(1825年)の50年間にわたって建立されたもので、5

建長寺|神奈川県

所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内8
建立年文久3年(1863年)
寄進者江戸蔵前の札差(ふださし=蔵米を取り扱い、蔵米を担保にして金融業を行なって蓄財)・伊勢屋嘉右衛門の発願
内容:三門(三解脱門)の2階に、釈迦如来を中心に、銅造五百羅漢、十六羅漢を祀り、三門をくぐることで3つの煩悩、貪欲(とんよく=貪り・むさぼり)、瞋恚(しんに=怒り)、愚知(ぐち=愚かさ)がなくなり、心が清浄になるというご利益が
安永3年(1774年)には江戸に疫病が流行り、翌安永4年も春から時疫(じえき=疫病)が蔓延し、数万人が死んだという世情不安が背景に

建長寺・三門(五百羅漢)

建長寺・三門(五百羅漢)

神奈川県鎌倉市、鎌倉五山(建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺)の第一位、北条時頼が開基の建長寺。建長寺。総門、三門(山門)、仏殿、法堂(はっとう)、方丈が一直線に並ぶ伽藍配置ですが、国の重要文化財に指定される三門(山門)の上層内部にある

羅漢寺|大分県

所在地:大分県中津市本耶馬溪町跡田1501
建立年:南北朝時代
総数:3700体(石仏合計)/国の重要文化財
内容:無漏窟(むろくつ)に安置されている五百羅漢(ごひゃくらかん)は、昭覚が、延元4年(1339年)に中国から来日して庵を結んだ僧・逆流建順(げきりゅうけんじゅん)とともに造営

羅漢寺

羅漢寺

大分県中津市の耶馬渓(やばけい)のなか、標高250mの羅漢山中腹に位置する、全国羅漢寺の本山といわれる古刹が羅漢寺(らかんじ)。山号は耆闍崛山(ぎしゃくつせん)、本尊は舎利塔に納められた仏舎利(ぶっしゃり)です。羅漢とは釈迦の高弟のことで、

日本三大五百羅漢とは!?
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大仏(日本三大大仏)

日本三大仏(日本三大大仏)とは!?

日本三大仏(日本三大大仏)は、奈良の大仏(東大寺)、鎌倉の大仏(高徳院)、そして京の大仏(方広寺)の三大仏。このうち豊臣秀吉建立の京の大仏は寛政10年(1798年)、昭和48年に焼失。その代わりに高岡大仏(富山県高岡市/大佛寺)、岐阜大仏(

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ