青の洞門

青の洞門

大分県中津市、本耶馬溪(ほんやばけい)の代表的な景勝地、競秀峰。山国川に面した岩峰が1kmに渡って屏風を開いたように連なり、奇岩、秀峰の雄大な輪郭に、渋味のある岩肌が加わる最大の見どころ。その裾に江戸時代に手掘りされたのが「青の洞門」(あおのどうもん)。掘削当時は「樋田の刳抜」(ひだのくりぬき)と称していました。

30年の歳月を費やして掘られた江戸時代の手掘り隧道

青の洞門
青の洞門
青の洞門

越後高田(現・上越市)出身の僧・禅海(ぜんかい)が、享保15年(1730年)から30年以上もの歳月をかけて、ノミと槌だけでくりぬいたという洞門です。
高さ2丈、径3丈、長さ308歩。
青の洞門と名がついたのは、洞門南側の集落名が「青」だったから。
つまり、「樋田の刳抜」だったのが、青地区の洞門から、青の洞門に。

禅海(ぜんかい)は、越後国高田藩士の子で、本名は福原市九郎。
両親を亡くしたことで世の無常を痛感し、諸国遍歴の旅に出立、正徳5年(1715年)に得度して僧となり、諸国を回ります。
豊後国(現・大分県)の羅漢寺を訪れた際、川沿いの断崖の桟道(さんどう)が、人馬が落ちるなどの難儀をしているのを知り、隧道掘削を思い立ちます。
荒瀬井堰(あらせいぜき)が築かれたことで、川の水位が上がり、鉄の鎖を命綱にして桟道を歩いていたのです。

享保15年(1730年)頃に中津藩主の許可を得て掘削を開始し、宝暦13年(1763年)に完成。

青の洞門
禅海和尚の像

菊池寛『恩讐の彼方に』で知名度は全国区に

青の洞門
拡幅された現在では車道脇に歩道が設定されています
青の洞門
歩道の一部には当初の手掘りの隧道が残されています

明治時代後半から大正時代には、「天下第一の名勝」と称されるようになりました。
大正6年6月25日、与謝野晶子は耶馬溪を訪れ、「馬車はやく舞鶴橋の下くぐり青き世界に歩み入りにき」と詠んでいます。
大正8年、隧道掘削の経緯を文豪・菊池寛が『恩讐の彼方に』(おんしゅうのかなたに)で小説化し、全国的に知られる名所となりました。
『恩讐の彼方に』では主人公は木曽路・鳥居峠で茶屋を営みながら強盗を働くという設定。
己の罪業を感じて出家し、罪滅ぼしのために青の洞門を掘削という話ですが、あくまでフィクション。

山国川の対岸から見れば、自然と人工の資源がみごとに調和し、一幅の画となる。
削道の全長は342mで、うち隧道(トンネル)部分は144m。
今でも現役で使われていますが、幅員が狭いため信号を使った片側交互通行が実施されています。

寛延3年(1750年)、第1期の工事完成後には「人は4文、牛馬は8文」の通行料を徴収してその後の工事費用に充当したと伝えられ、日本初の有料道路ともいわれています。

明治39年〜40年、陸軍日出生台演習場への輸送路整備の大改修で、車両が通過できるよう拡幅。
原型がほとんど失われていますが、一部に明かり採りの窓とノミ跡が残されています。
ただし、禅海和尚が掘った洞門部分は、徒歩でのみ見学が可能。

近年、青をモチーフにした町おこしというわけで、青の洞門対岸にネモフィラ畑をつくり、ゴールデンウィークの誘客に務めています。

広重『六十余州名所図会』に見る 青の洞門

歌川広重『六十余州名所図会 豊前 羅漢寺下道』
歌川広重『六十余州名所図会 豊前 羅漢寺下道』

歌川広重が57歳から60歳、1854年(安政元年)から1856年(安政3年)にかけて制作した大判錦絵が『六十余州名所図会』。
全国諸藩から選りすぐりの絶景を選んで描いたというシリーズです。
豊前国では、羅漢寺下道、つまりは青の洞門を描いています。
 

青の洞門 DATA

名称 青の洞門/あおのどうもん
所在地 大分県中津市本耶馬渓町曽木
関連HP 中津市公式ホームページ
電車・バスで JR中津駅から大分交通バス日田方面行きで30分、青の洞門下車すぐ
ドライブで 大分自動車道玖珠ICから約30.7km。または、宇佐別府道路宇佐ICから約23.4km
駐車場 青の洞門公共駐車場・耶馬溪橋公共駐車場を利用
問い合わせ 中津市本耶馬渓支所地域振興課 TEL:0979-52-2211
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本新三景

日本新三景(新日本三景)とは!?

2019年12月8日
日本三大奇勝

日本三大奇勝(日本三大奇景)とは!?

2019年9月9日
競秀峰

本耶馬渓・競秀峰

2018年5月12日
耶馬渓橋(オランダ橋)

耶馬渓橋(オランダ橋)

2018年5月11日
深耶馬渓・一目八景

深耶馬渓・一目八景

2018年5月11日
羅漢寺

羅漢寺

2018年5月11日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ