津沢夜高あんどん祭|小矢部市

津沢夜高あんどん祭

毎年6月の第1金・土曜、富山県小矢部市で『津沢夜高あんどん祭』が開催。武者絵の大行燈が激しくぶつかり合うことから、「喧嘩夜高祭」とも。両日19:00 ~ 24:00には、津沢中心街で錬りまわし、21:00 ~ 24:00にあんどん広場前道路でぶつかり合いが。

「喧嘩夜高行燈引き廻し」がハイライト

江戸時代初期の承応2年(1653年)、鎮守社に伊勢神宮から分霊を勧請した際に、加越の国境(現在の石川・富山県境)の倶利伽羅峠(くりからとうげ)で日が暮れてしまいました。
村人は手に道しるべの行燈を持ち行列を迎えたといい、これが祭りの起源となっています。

夜高は、行燈、山車、釣りものからなり、大きいものは高さ7m・長さ12m。
見せ場は、「喧嘩夜高行燈引き廻し」で、向かい合った双方の夜高行燈が、総裁許の掛け声で激しくぶつかり合い、相手側の山車、釣りものを壊していく場面。
祭りが最高潮に達するのは23:00~0:00頃。

「例年は、金曜日のほうが観光客が少なくゆっくり見物できます」とのこと。

同様の夜高祭は、砺波市(『となみ夜高祭り』、『庄川観光祭(庄川夜高行燈)』)、南砺市福野町(『福野夜高祭』=夜高祭のルーツ)などでも行われています。
越中国砺波郡新西嶋村(現・富山県小矢部市新西)出身の沼田喜三郎が移住したのが始まりという北海道沼田町(小矢部市と姉妹都市)でも『沼田町夜高あんどん祭り』が行なわれています。

津沢夜高あんどん祭|小矢部市
開催日時 毎年6月の第1金・土曜
所在地 富山県小矢部市津沢
場所 小矢部市津沢市街地
関連HP 小矢部市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR石動駅からタクシーで10分
ドライブで 能越自動車道小矢部東ICから約4km。北陸自動車道小矢部ICから約5km
駐車場 300台(無料)株式会社ゴールドウィン津沢コミュニティプラザ
問い合わせ 小矢部市商工会 津沢支所 TEL:0766-61-2356
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
福野夜高祭|南砺市

福野夜高祭|南砺市

毎年5月1日~5月3日、富山県南砺市で『福野夜高祭』が行なわれます。慶安5年(1652年)、村の鎮守社に伊勢神宮からの分霊を勧請する際、村人が行燈を手にして倶利伽羅峠(くりからとうげ)へ出迎えたのが始まり。5月1日・5月2日の宵祭両日は、高

となみ夜高まつり|砺波市

となみ夜高まつり|砺波市

毎年6月第2金・土曜19:00〜、富山県砺波市で『となみ夜高まつり』が行なわれます。「ヨイヤサー」の威勢のいい掛け声とともに、きらびやかな夜高行燈が砺波の街を練り歩きます。2日目に行なわれる行燈同士のぶつかり合いは迫力満点で、一番のみどころ

庄川観光祭(花火大会・庄川夜高行燈)

庄川観光祭(花火大会・夜高行燈街練)|砺波市

毎年6月第1土・日曜、富山県砺波市庄川町で『庄川観光祭(花火大会・夜高行燈街練)』が行なわれます。街を祭り一色に彩る一大イベント。たいまつ行進、勇壮な庄川夜高行燈をはじめ、川面に流れる七色の灯籠、夜空に舞う花火が、 華やかな光のファンタジー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ