とうふ工房 喜平商店

喜平商店

富山県南砺市、越中五箇山の国道156号沿い、村上家の近くにある老舗豆腐店がとうふ工房喜平商店。五箇山特産の豆腐は、枕にして寝たなんて笑い話があるほど堅め。大正初期創業という老舗で、南砺産のエンレイという品種の大豆を使い、清冽な井戸水、そして天然のにがりを材料に、五箇山らしい豆腐を製造直売しています。

五箇山とうふは手作りの絶品

喜平商店
まさに枕サイズの大きく堅めの「五箇山とうふ」

喜平商店の3代目で富山県の「食の語り部」でもある岩崎喜平さんによれば「中国から伝えられた豆腐は、もともと堅豆腐だったわけで、平家落人の里といわれる五箇山には豆腐本来の姿が今に受け継がれています。だから荒縄で縛って持ち歩ける堅さになっているんです」とのこと。
五箇山の豆腐は、製造工程でにがりの量を多くし、石を重しにしてぎゅっと固めるので水分が抜けて堅くなるのだとか。
「ヘラでにがりをかき混ぜる回数、重しの置く時間などは、大豆の状態やその日の天候などを考慮するから、長年の経験や勘に頼る部分が大きい」。

「五箇山とうふ」は1丁800gという大きめサイズ。
「五箇山とうふ」のほか、富山県らしく昆布〆の豆腐や桜のチップでスモークした燻製豆腐「いぶりとっぺ」、一枚一枚じっくりと手作業で揚げた「五箇山あつあげ」なども販売。
電話またはFAXで通販の受付も(「五箇山とうふセット」が手頃で人気です)。

店では新鮮な豆乳で作る「豆乳ソフトクリーム」、豆乳カップアイス、食べる豆腐、豆乳も用意(テイクアウトは可能ですが、地方発送は不可)。

喜平商店
燻製豆腐「いぶりとっぺ」
とうふ工房 喜平商店
名称 とうふ工房 喜平商店/とうふこうぼう きへいしょうてん
所在地 富山県南砺市上梨608
関連HP とうふ工房 喜平商店公式ホームページ
電車・バスで JR城端駅から世界遺産バス白川郷行きで32分、上梨下車、徒歩2分。
ドライブで 東海北陸自動車道五箇山ICから約6km
駐車場 7台/無料
問い合わせ とうふ工房 喜平商店 TEL:0763-66-2234/FAX:0763-66-2033
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
村上家(五箇山)

村上家(五箇山)

富山県南砺市、国の重要文化財に指定された村上家は、越中五箇山(えっちゅうごかやま)の代表的な合掌造りの家で、天正年間(1573~1591年)に建てられたもの。切妻造り茅葺き、一重4階建てで、合掌の部分には、かすがいなどの金属は一切使わずに建

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ