村上家(五箇山)

村上家(五箇山)

富山県南砺市、国の重要文化財に指定された村上家は、越中五箇山(えっちゅうごかやま)の代表的な合掌造りの家で、天正年間(1573~1591年)に建てられたもの。切妻造り茅葺き、一重4階建てで、合掌の部分には、かすがいなどの金属は一切使わずに建てられている。古風古式の遺構が昔のまま残り、国の重要文化財に指定されています。

合掌造りの代表的な様式を残す家屋

村上家(五箇山)

江戸時代には、五箇山は黒色火薬の原料となる加賀藩直轄の塩硝製造、そして和紙造りを主要な産業としてしていました。
館内には、塩硝製造の資料や和紙造りの道具など、五箇山の民俗資料1000点余りが展示されるほか、囲炉裏を囲んで昔話や五箇山の解説を聞くことができます。
囲炉裏の煙は茅葺屋根を保護する役目があるので、今も囲炉裏の火は絶やすことがありません。
また薬草茶(カワラケツメイ)を味わうこともできます。

ちなみに世界遺産としての登録は、五箇山では相倉・菅沼の両集落のみ。
村上家は合掌集落にはありませんが、国道156号沿いの五箇山総合案内所(駐車場)近くにあるので、ドライブ途中の寄り道にも便利です。

名称 村上家(五箇山)/むらかみけ(ごかやま)
所在地 富山県南砺市上梨725
関連HP 村上家公式ホームページ
電車・バスで JR高岡駅・JR新高岡駅・城端駅から世界遺産バス利用、西赤尾下車
ドライブで 東海北陸自動車道五箇山ICから6km
駐車場 40台/無料
問い合わせ 村上家 TEL:0763-66-2711/FAX:0763-66-2150
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
岩瀬家(五箇山)

岩瀬家(五箇山)

富山県南砺市、越中五箇山(えっちゅうごかやま)の南端、岐阜県に近い道の駅上平ささら館近くにあり、五箇山で最も大きな合掌造り家屋(国の重要文化財)が岩瀬家。加賀藩塩硝上煮役(えんしょううわにやく)の藤井長右エ門の住宅だったもので、五箇山で作っ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ