国営海の中道海浜公園

国営海の中道海浜公園

福岡県福岡市東区、博多湾と玄界灘をへだてる半島、通称「海の中道」に広がる国営公園が、国営海の中道海浜公園。面積350haの広大な敷地は花のエリア、芝生のエリア、自然体験のエリア、遊びのエリア、博多湾のエリア、玄界灘のエリア、リゾートエリアなどに分かれています。

春のネモフィラ、秋のコキアで有名

戦前は、国内最大規模の民間飛行場の福岡第一飛行場(昭和11年6月1日開港)があった場所で、福岡 〜 那覇〜 台北、東京〜福岡〜京城〜新京などの航空路線がありました(滑走路などがあったのが、現在の福岡空港奈多ヘリポート一帯)。
戦後はアメリカ軍に接収され「ブレディ飛行場」(Brady Air Base)として使われていましたが、昭和47年にその一部が返還されたことから、昭和56年10月20日に全国で5番目の国営公園として開園(第1期開園)。

JR香椎線・海ノ中道駅の博多湾側が玄関口ともなるリゾートエリアで、「マリンワールド海の中道」、マリーナ、高速船「うみなかライン」の発着所、リゾートホテルの「ザ・ルイガンズ スパ&リゾート」があります。

遊びのエリアには遊園地の「ワンダーワールド」を中心に、大芝生広場やサイクリングコース、250種の草花が咲き誇る「シンフォニーガーデン」、春220品種1800株、秋170品種1200株が咲き誇るバラ園、50種500点の動物が暮らし、ポニー乗馬やリスザルなどへの餌やり体験も可能な「動物の森」など、自然を活かした施設が点在。
なかでも高さ62.5mの大観覧車はチビッ子たちに人気。
毎年夏には全長約100mのファイヤードラゴンや流水プール、足湯や露天風呂を備える「サンシャインプール」も営業。

大芝生広場に広がる花の丘は、春(3月下旬〜4月)の120万本のネモフィラ、秋(10月中旬~10月下旬)のコキアで有名(西口・西サイクリングセンター口が最寄り)。

東端の博多湾側にはカモ池やドグラン、BBQが楽しめるデイキャンプ場、展望デッキのある環境共生の森も点在。
玄界灘側には博多湾エリアとをつなぐ絶景の「うみなかみらい橋」や海の松原が続いています。

安田産業汽船の高速船「うみなかライン」(博多ふ頭第1ターミナル〜海の中道、ももち〜海の中道)の海の中道桟橋も、マリンワールドまで徒歩1分の便利な場所にあります。

国営海の中道海浜公園
名称 国営海の中道海浜公園/こくえいうみのなかみちかいひんこうえん
所在地 福岡県福岡市東区西戸崎18-25
関連HP 国営海の中道海浜公園公式ホームページ
電車・バスで JR海ノ中道駅からすぐ
ドライブで 福岡都市高速香椎浜ランプから約9km
駐車場 3000台/有料
問い合わせ 海の中道管理センター TEL:092-603-1111/FAX:092-603-1199
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
博多ふ頭第1ターミナル

博多ふ頭第1ターミナル

福岡県福岡市博多区、博多港の博多ふ頭にある国内航路のターミナルがベイサイドプレイスの博多ふ頭第1ターミナル。志賀島航路、玄界島航路の福岡市営渡船、海の中道への「うみなかライン」(安田産業汽船)、壱岐・対馬航路(九州郵船)のジェットフォイル(

マリンワールド海の中道

マリンワールド海の中道

福岡県福岡市東区、玄界灘と博多湾に挟まれた国営海の中道海浜公園の一角にある水族館(西鉄グループの運営)が、マリンワールド海の中道。「対馬暖流」をメインテーマに、350種2万点を飼育展示。20種以上のサメが悠然と泳ぐパノラマ大水槽、イルカ・ア

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ