若桜鉄道・第二八東川橋梁

若桜鉄道・第二八東川橋梁

鳥取県八頭郡八頭町を流れる八東川(はっとうがわ)に架かる若桜鉄道若桜線(わかさてつどうわかさせん)の橋梁が第二八東川橋梁。徳丸駅の250m西に位置する、橋長128mの上路式10連桁橋。鉄道省若桜線の橋梁として昭和5年に架橋されたもので、国の登録有形文化財に指定。

撮影スポットとしても人気

若桜鉄道・第二八東川橋梁

異なる3社の製造による13mと6.7mの桁を使ったプレートガーダー橋(plate girder bridge)で、橋台、橋脚はコンクリート造り(第一八東川橋梁は石積み)。
横を「徳丸ドンド」といわれる滝があり、滝と第二八東川橋梁を走る列車を写すことも可能。
第二八東川橋梁近くの土手には桜並木があり、お花見シーズンには賑わいます(橋を渡る列車と桜の撮影ポイントとしても人気)。
撮影ポイント(お立ち台)としては両岸の堤防道路が人気です。

そのスタイルは、第一八東川橋梁、第三八東川橋梁と同様に大正8年の通達に基づく標準設計である「達540号型」のプレートガーダー橋で、昭和初期の鉄橋を今に伝えています。

若桜鉄道では第二八東川橋梁のほか、若桜駅、隼駅、安部駅、八東駅、因幡船岡駅、丹比駅、若桜川橋梁、細見川橋梁、岩淵川橋梁、第一八東川橋梁、第三八東川橋梁などが国の登録有形文化財に指定され、鉄道全体が近代化遺産のような様相を呈しています。

若桜鉄道・第二八東川橋梁
名称 若桜鉄道・第二八東川橋梁/わかさてつどう・だいにはっとうがわきょうりょう
所在地 鳥取県八頭郡八頭町徳丸・東
関連HP 若桜町観光協会公式ホームページ
問い合わせ 若桜町観光協会 TEL:0858-82-2237/FAX:0858-71-0221
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
若桜鉄道・第一八東川橋梁

若桜鉄道・第一八東川橋梁

鳥取県八頭郡八頭町を流れる八東川(はっとうがわ)に架かる若桜鉄道若桜線(わかさてつどうわかさせん)の橋梁が第一八東川橋梁。因幡船岡駅(国の登録有形文化財)の550m西北に位置し、橋長139mは、若桜鉄道における最長の橋梁。鉄道省若桜線の橋梁

八東駅

八東駅

鳥取県八頭郡八頭町(やずちょう)にある若桜鉄道若桜線(わかさてつどうわかさせん)の駅が八東駅(はっとうえき)。昭和5年12月1日、 国鉄若桜線の隼駅 – 若桜駅間延伸により開業した駅で、2面2線へ拡張されていますが、現存する駅舎などは開業当

因幡船岡駅

因幡船岡駅

鳥取県八頭郡八頭町(やずちょう)にある若桜鉄道若桜線(わかさてつどうわかさせん)の駅が因幡船岡駅(いなばふなおかえき)。昭和5年12月1日、 鉄道省若桜線の郡家駅〜隼駅間開通の際に開業した駅で、現存する駅舎、プラットホームは昭和4年築。国の

安部駅

安部駅

鳥取県八頭郡八頭町にある若桜鉄道若桜線(わかさてつどうわかさせん)の駅が安部駅(あべえき)。理髪店のオーナーが駅長を兼務し、理髪店が休業の際には無人駅となる素朴な駅ですが、平成3年公開の映画『男はつらいよ 寅次郎の告白』のロケ地(寅さんが公

隼駅

隼駅

鳥取県八頭郡八頭町(やずちょう)にある若桜鉄道若桜線(わかさてつどうわかさせん)の駅が隼駅(はやぶさえき)。昭和5年1月20日、 鉄道省若桜線の郡家駅〜隼間の開通で開業した駅で、現存する駅舎などは開業当時のまま。国の登録有形文化財に指定され

若桜駅

若桜駅

鳥取県八頭郡若桜町(わかさちょう)にある若桜鉄道若桜線(わかさてつどうわかさせん)の駅が若桜駅。昭和5年12月1日、 鉄道省若桜線の延伸で終着駅として開業した駅で、現存する駅舎のほか、機関庫、転車台、給水塔などは開業当時のまま。国の登録有形

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ