駒橋発電所落合水路橋

駒橋発電所落合水路橋

山梨県都留市古川渡地区にあり、桂川と朝日川の合流点・落合に架かる水路橋(谷間に水路を渡すための橋)が駒橋発電所落合水路橋。明治40年、東京電燈(現在の東京電力)が駒橋発電所(現・大月市駒橋)関連の施設として建設したもので、国の登録有形文化財にも指定されています。

国の登録有形文化財になった現役の水路橋

駒橋発電所落合水路橋

駒橋発電所は、日露戦争後、切迫した東京の電力事情を解消するため、東京電燈が東京に電力を供給するために築いた発電所。

背景には、日露戦争後の石炭不足の予想、石炭の高騰などがあり、日本で初めて、高圧で長距離(早稲田変電所まで76km)の送電を実現させたのが駒橋発電所なのです。

落合水路橋は、全長56m、幅員8.5mの7連となった壮大なレンガ、コンクリート併用のアーチ橋で、河床を3連アーチで越え、東側に小さな4つのアーチを設けています。
コンクリートが高価だった時代、足りない部分をレンガで補ったため、レンガ、コンクリートの併用に。
設計は、東京電燈技師長の中原岩三郎(なかはらいわさぶろう)で、長距離高圧送電を成功させた立役者のひとり。

全長6.8kmの水路で、水を導水し、104mという格差を利用して発電を行ないましたが、水路、発電所とも今も現役で稼働しています(発電機などの発電施設は更新されています)。

駒橋発電所落合水路橋
名称 駒橋発電所落合水路橋/こまばしはつでんしょおちあいすいろきょう
所在地 山梨県都留市井倉233
関連HP 都留市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 富士急行禾生駅から徒歩15分
ドライブで 中央自動車道都留ICから約3km
問い合わせ 都留市観光協会 TEL:0554-43-1111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

駒橋発電所

山梨県大月市駒橋、中央本線、国道20号が脇を通る桂川沿いにある歴史ある発電所が東京電力リニューアブルパワー駒橋発電所。明治40年、相模川水系相模川(桂川)に建設された発電所。大容量の電気を東京に送電した最初の水力発電所で、今も現役で稼働して

八ツ沢発電所施設第一号水路橋

八ツ沢発電所施設第一号水路橋

山梨県大月市猿橋町、桂川に平行して延びる水路式発電所が、八ツ沢発電所施設。相模川水系・桂川の水を利用した日本初の本格的な水力発電所で、着工は明治43年、営業開始は明治45年。なかでも猿橋の東側にある第一号水路橋は、鉄筋コンクリート造単アーチ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ