富山市民俗民芸村 陶芸館

富山市民俗民芸村 陶芸館

富山県富山市安養坊、呉羽丘陵の麓にある博物館施設群が富山市民俗民芸村。集約された9施設のひとつが、富山市民俗民芸村陶芸館で、陶芸品を展示する施設。壺・鉢・皿・茶碗・徳利・土瓶など100点あまりの民陶を展示しています。

大地主の切妻造民家「アズマダチ」を再生

富山市民俗民芸村 陶芸館

建物は、婦負郡寒江村大塚(現在の富山市大塚)の大地主の農家住宅(切妻造民家「アズマダチ」の典型)を再生したもので、晴れた日に談話室からは立山連峰を眺望。
「アズマダチ」は、強い季節風(西風)を避けるため、東側(東=あずま)に向けて建てられていることが名の由来で、散居村の代表的な家屋様式にもなっています。
江戸時代の金沢の武家屋敷を倣った大きな切妻屋根、妻側に家の玄関を設け、妻面の束や貫を意匠的に組んでその間を白壁にするのが特徴です。
陶芸館の建物も、大きな寺の庫裏のような雰囲気で、民家とは思えない豪壮な雰囲気。
明治27年築の豪農の館は、国の登録有形文化財に指定されています。

中世から現代まで、北は秋田県から南は沖縄県に至るまで、素朴な美しさをもつ民陶(民藝陶器=骨董、美術工芸品ではなく、庶民の暮らしを支えてきた壺、碗、皿、鉢、徳利などの陶磁器)550点ほどを収蔵しています。

大皿(直径22cm)、湯呑の絵付け体験コーナーも用意(完成品は後日発送になります)。

富山市民俗民芸村 陶芸館
名称 富山市民俗民芸村 陶芸館/とやましみんぞくみんげいむら とうげいかん
所在地 富山県富山市安養坊50
関連HP 富山市民俗民芸村公式ホームページ
電車・バスで JR・あいの風とやま鉄道富山駅から富山地鉄バス呉羽老人センター行きで富山市民俗民芸村下車、徒歩すぐ。または、JR富山駅からタクシーで10分
ドライブで 北陸自動車道富山IC、または、富山西ICから約8km
駐車場 105台/無料
問い合わせ 富山市民俗民芸村 陶芸館 TEL:076-433-8610
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
富山市民俗民芸村 民俗資料館

富山市民俗民芸村 民俗資料館

富山県富山市安養坊、呉羽丘陵の麓にある博物館施設群が富山市民俗民芸村。集約された9施設のひとつが、富山市民俗民芸村民俗資料館で、婦負郡山田村(現・富山市山田中村)の谷浦幸治家住宅を移築再生したもの。建物は江戸時代後期の中規模な農家で、茅葺き

富山市民俗民芸村 考古資料館

富山市民俗民芸村 考古資料館

富山市内にはなんと1050ヶ所もの遺跡がありますが、遺跡から発掘された旧石器時代から奈良・平安時代までの出土品を展示するのが富山市民俗民芸村考古資料館。富山市は北(東)の文化と南(西)の文化が交わる場所。東の石刃技法(縦長剥片)、西の瀬戸内

富山市民俗民芸村 民芸館

富山市民俗民芸村 民芸館

富山県富山市安養坊、呉羽丘陵の麓にある博物館施設群が富山市民俗民芸村。集約された9施設のひとつが、富山市民俗民芸村民芸館で、民芸品を展示する施設。建物は、岐阜県神岡町麻生野(現・飛騨市)にあった民家の板蔵(明治12年築)を移築したものです。

富山市民俗民芸村売薬資料館

富山市民俗民芸村 売薬資料館

富山県富山市安養坊、呉羽山の麓に文化施設を集約した富山市民俗民芸村。そのなかのひとつ、富山市民俗民芸村売薬資料館は、国の重要有形民俗文化財に指定された「富山売薬」関係の資料を保存・活用するためのミュージアム。貴重な売薬関係の資料を展示してい

富山市民俗民芸村 陶芸館

富山市民俗民芸村 陶芸館

富山県富山市安養坊、呉羽丘陵の麓にある博物館施設群が富山市民俗民芸村。集約された9施設のひとつが、富山市民俗民芸村陶芸館で、陶芸品を展示する施設。壺・鉢・皿・茶碗・徳利・土瓶など100点あまりの民陶を展示しています。大地主の切妻造民家「アズ

富山市民俗民芸村 篁牛人記念美術館

富山市民俗民芸村 篁牛人記念美術館

富山県富山市安養坊、呉羽丘陵の麓に学習と憩いの一体化を図って集められた博物館群が富山市民俗民芸村。富山市民俗民芸村篁牛人記念美術館は、富山が生んだ異色の水墨画家、篁牛人(たかむらぎゅうじん)の画業を紹介するミュージアム。富山が生んだ異色の水

富山市民俗民芸村 茶室円山庵

富山市民俗民芸村 茶室円山庵

富山県富山市安養坊、呉羽丘陵の麓にある博物館施設群が富山市民俗民芸村。集約された9施設のひとつが、富山市民俗民芸村茶室円山庵。大正9年、富山の茶人、金子宗峰(かねこそうほう)が、円山(現・売薬資料館の裏手)に建てた別荘「円山荘」の茶室「録寿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ