荒川ロックゲート

荒川ロックゲート

東京都江戸川区、荒川と旧中川の最大3.1mにもなる水位差を克服するために設けられた閘門(こうもん)が荒川ロックゲート。閘門は、パナマ運河が有名ですが東京都にもあり、この荒川ロックゲートは、平成17年10月に完成。完成により、荒川と旧中川、小名木川、そして隅田川が船で行き来可能になっています。

荒川と旧中川の間にある現役の閘門(Lock)

江東デルタ地帯の地盤沈下を背景に、荒川と旧中川では、旧中川のほうが水面標高が低く、最大3.1mの水位差が生じています。
荒川ロックゲート(Lock=閘門)手前に信号が設置され、青になるとゲートが開いて閘室内に入り、そこで水位調節を行ない、反対側のゲートが開いて、反対側の河川に出るという仕組み(接近する船舶は監視カメラで確認)。
通航できるのは8:45〜16:30の間で、年末年始、毎月第1日曜など、休日も設定されています(カヌーでの利用も可能、水上バイクは走行が禁止されています)。

通常は、船の往来、利用はさほどありませんが、舟運全盛時代のように、水位差を克服する閘門が現役で稼働すれば、災害時に鉄道や道路が使用困難な際、救援物質や復旧資材の運搬、被災者の救出など災害復旧活動に活躍することができるのです(荒川には、板橋、川口、岩淵、新田、足立、墨田、小松川などに緊急用船着き場が設置されています)。

荒川ロックゲートは、ゲート間(閘室)が全長65m、幅14m。
全長55m以下、幅12m以下、高さ制4.5m以内の船であれば無料で通航が可能。
通過に20分ほどを要しますが、開閉速度はゲートの毎分10mと、国内最速級なんだとか。

荒川から旧中川、小名木川を経由し、隅田川へと出るには、小名木川の新扇橋と小松橋間に位置する扇橋閘門(江東区猿江1丁目)をも利用することに。

荒川ロックゲート北側の大島小松島公園の風の広場(旧中川と荒川に挟まれた広場)には、昭和5年に完成し昭和51年まで使われていた旧小松川閘門(きゅうこまつがわこうもん)が保存されています(閘室などは埋め立てられて、ゲートも片側のみ現存)。

下町探検クルーズがれおん」の「下町ぐるっと一周舟遊び」(おしなり公園船着場〜横十間川〜小名木川〜荒川ロックゲート体験〜荒川クルーズ〜旧中川・スカイツリー絶景ポイント〜旧中川・逆さツリー〜おしなり公園船着場/2時間15分)なら、荒川ロックゲートを通過する体験も可能。

荒川ロックゲート
荒川ロックゲート
名称 荒川ロックゲート/あらかわろっくげーと
所在地 東京都江戸川区小松川1丁目地先
関連HP 江戸川区公式ホームページ
電車・バスで 都営東大島駅から徒歩10分
問い合わせ 荒川下流河川事務所 TEL:03-3902-2379
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧小松川閘門

旧小松川閘門

東京都江戸川区、江戸川区と江東区にまたがる東京都立の防災公園、大島小松川公園の風の広場(旧中川と荒川に挟まれた広場)にあるのが旧小松川閘門(きゅうこまつがわこうもん)。荒川と中川の両放水路開削により水位差の調節を図るため、昭和5年に完成した

大島小松川公園

大島小松川公園

旧中川を挟んで東京都江戸川区小松川と江東区大島にまたがる都立公園が大島小松川公園。平常時はレクリエーションの場として利用され、災害時には20万人の 避難場所となる防災市街地再開発事業により、設置された防災公園で、東京都東部7公園のひとつ。旧

荒川ロックゲート

荒川ロックゲート

東京都江戸川区、荒川と旧中川の最大3.1mにもなる水位差を克服するために設けられた閘門(こうもん)が荒川ロックゲート。閘門は、パナマ運河が有名ですが東京都にもあり、この荒川ロックゲートは、平成17年10月に完成。完成により、荒川と旧中川

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ