海禅院

海禅院

和歌山県和歌山市、国の名勝・和歌浦(わかのうら)に浮かぶ小島、妹背山(いもせやま)にある日蓮宗の寺、海禅院。慶安2年(1649年)、徳川家康の三十三回忌の際、養珠院(徳川家康の側室・お万の方=和歌山藩初代藩主・徳川頼宣の母)が、和歌浦に浮かぶ島(妹背山)に法華経を書写した経石を納めた石室を造り、その上に堂を建てたのが始まり。

景勝地・妹背山にある徳川頼宣ゆかりの寺

養珠院没後の承応2年(1653年)、徳川頼宣(とくがわよりのぶ=徳川家康の十男)は、多宝塔、拝殿、唐門、観海閣を建立。
藩政時代には紀州徳川家の庇護を受けていましたが、明治維新でその庇護を失い紀州徳川家菩提寺の日蓮宗・報恩寺(和歌山市吹上)の末寺となっています。

多宝塔の下の石室からお万の方のものとみられる遺髪が発見されています。
多宝塔のみ往時のままに現存し、和歌山市の文化財に指定。
妹背山護持顕彰会が結成され、江戸期の伽藍復興が図られています。

島に渡る三断橋は、中国杭州の西湖六橋を模して架けられた石橋で、架橋時代の橋が現存、和歌山県内最古の石橋となっています。

名称 海禅院/かいぜんいん
所在地 和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-28
電車・バスで JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバスで玉津島神社前下車すぐ
ドライブで 阪和自動車道海南東ICから約9km。または、和歌山ICから約10km
駐車場 玉津島神社駐車場(50台/無料)
問い合わせ 和歌山市観光課 TEL:073-435-1234
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
観海閣

観海閣

和歌山県和歌山市にある景勝・和歌浦(わかのうら)・妹背山(いもせやま)に初代和歌山藩主・徳川頼宣(とくがわよりのぶ)が慶安年間(1648年~1652年)に建立した風雅な木造の水上桜閣が観海閣(かんかいかく)。和歌川河口に浮かぶ小島、妹背山は

和歌浦

和歌浦

和歌山県和歌山市、和歌浦湾に面し『万葉集』に詠われた景勝地が和歌浦(わかのうら)。当地を訪れた聖武天皇が、弱浜(わかのはま)の名を明光浦(あかのうら)に改めたと伝わり、聖武天皇行幸の際、山部赤人が詠んだ歌から名がある歌枕の地となっています。

海禅院

海禅院

和歌山県和歌山市、国の名勝・和歌浦(わかのうら)に浮かぶ小島、妹背山(いもせやま)にある日蓮宗の寺、海禅院。慶安2年(1649年)、徳川家康の三十三回忌の際、養珠院(徳川家康の側室・お万の方=和歌山藩初代藩主・徳川頼宣の母)が、和歌浦に浮か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ