福岡城・鉄御門跡

福岡城の本丸には天守台(天守は江戸時代初期にありましたが、すぐに解体されています)、そして藩主が政務を司る本丸御殿がありました。天守台への入口にあったのが鉄御門(くろがねごもん)です。天守への最後の関門にふさわしく、敵の侵入を防ぐため幅が狭い門になっています。

鉄御門の先には切腹櫓、埋門が

幅の狭い門の両側には、高く積まれた石垣がそびえ立ち、その石垣の上には櫓や塀が張り巡らされていました。
いざという時には、上から攻撃できるようになっていたわけです。
鉄御門の石段を上った一角が切腹櫓。
ここまで敵が侵入した際には、城主は潔く、ここで腹を切るというための櫓です。

この鉄御門の先には、埋門(うずみもん)がありましたが、現在では門の跡のみ残されています。

切腹櫓

埋門

福岡城・鉄御門跡 DATA

名称 福岡城・鉄御門跡/ふくおかじょう・くろがねごもんあと
所在地 福岡県福岡市中央区城内
関連HP 福岡市公式ホームページ
福岡城むかし探訪館公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄空港線赤坂駅または大壕公園駅から徒歩8分。天神バスセンターから西鉄バス西浜・姪ノ浜行きで4分、大手門下車、徒歩2分
ドライブで 福岡都市高速西公園ランプから約2.8km。または、天神北ランプから約3.3kmで舞鶴公園第2駐車場
駐車場 舞鶴公園第1駐車場(69台/有料)・舞鶴公園第2駐車場(72台/有料)
問い合わせ 福岡市経済観光文化局文化財部文化財保護課
TEL:092-711-4666/FAX:092-733-5537
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材・画像協力/福岡市

福岡城跡

2017.09.29
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ