和歌浦

和歌浦

和歌山県和歌山市、和歌浦湾に面し『万葉集』に詠われた景勝地が和歌浦(わかのうら)。当地を訪れた聖武天皇が、弱浜(わかのはま)の名を明光浦(あかのうら)に改めたと伝わり、聖武天皇行幸の際、山部赤人が詠んだ歌から名がある歌枕の地となっています。和歌川河口に突き出した砂嘴(さし)の海岸が、片男波(かたおなみ)です。

砂嘴には片男波公園が整備されている

和歌川河口部に伸びる砂嘴には片男波公園があり、この地で詠まれた万葉歌の歌碑を配した「万葉の小路」、日本庭園、片男波海水浴場、万葉集について学べる「万葉館」、レストラン、芝生広場、駐車場などが整備されています。

片男波は、砂嘴の内側にある玉津島と石造の不老橋で結ばれていますが、これは嘉永3年(1850年)に10代藩主・徳川治宝(とくがわはるとみ/德川治寶)が建造したもの。
周辺には三断橋で渡る妹背山の観海閣(初代藩主・徳川頼宣が建てた木造の水上楼閣、現在はコンクリートで再建)、玉津島神社、和歌浦天満宮、紀州東照宮、海禅院(多宝塔)など名所旧跡が点在、万葉歌碑も数多く立ち、国の名勝になっています。

「若浦爾 鹽滿來者 滷乎無美 葦邊乎指天 多頭鳴渡 」
「若の浦に 潮満ち来れば 潟をなみ 葦辺をさして 鶴(たづ)鳴き渡る」
山部赤人『万葉集』巻六919番

「片男波」という地名は、この「滷乎無美」(潟をなみ)という句から生まれた地名。
平安時代に都の皇族・貴族たちが熊野詣でを行なうようになると、帰路、和歌浦に来遊することが増え、詠歌上達の神を祀る玉津島神社にも参詣するようになりました。
延喜元年(901年)、菅原道真が大宰府左遷の際に、風避けの際に和歌浦に立ち寄ったことがゆかりで、康保年間(964年〜 968年)には和歌浦天満宮も創建されています。
和歌山城が徳川御三家の居城となると、和歌浦には紀州東照宮も建立され、藩主・徳川頼宣も景観の保護や整備に努めています。

歌川広重は、全国各国の絶景を1景ずつ描いた『六十余州名所図会』にもこの和歌浦を選んでいます。
こうした和歌浦全体が、現在、国の名勝になっています。

和歌浦『六十余州名所図会』
歌川広重『六十余州名所図会』紀伊 和歌浦
名称 和歌浦/わかのうら
所在地 和歌山県和歌山市和歌浦中3
関連HP 和歌の浦観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR和歌山駅から和歌山バス新和歌浦行きで25分、権現前下車、徒歩15分
ドライブで 阪和自動車道和歌山南スマートICから約7km
駐車場 片男波公園駐車場(219台/有料)
問い合わせ 和歌の浦観光協会 TEL:073-444-4349
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
【知っておきたいニッポンの絶景】 和歌山県 10景

和歌山県の絶景 10景

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の熊野古道や、那智の滝のある和歌山県。黒潮洗う海岸沿いを中心に、ダイナミックな地形を生かした絶景スポットが豊富。そのなかからニッポン旅マガジンの取材班が、現地でこれぞ絶景とうなった和歌山県の絶景を

和歌浦

和歌浦

和歌山県和歌山市、和歌浦湾に面し『万葉集』に詠われた景勝地が和歌浦(わかのうら)。当地を訪れた聖武天皇が、弱浜(わかのはま)の名を明光浦(あかのうら)に改めたと伝わり、聖武天皇行幸の際、山部赤人が詠んだ歌から名がある歌枕の地となっています。

観海閣

観海閣

和歌山県和歌山市にある景勝・和歌浦(わかのうら)・妹背山(いもせやま)に初代和歌山藩主・徳川頼宣(とくがわよりのぶ)が慶安年間(1648年~1652年)に建立した風雅な木造の水上桜閣が観海閣(かんかいかく)。和歌川河口に浮かぶ小島、妹背山は

海禅院

海禅院

和歌山県和歌山市、国の名勝・和歌浦(わかのうら)に浮かぶ小島、妹背山(いもせやま)にある日蓮宗の寺、海禅院。慶安2年(1649年)、徳川家康の三十三回忌の際、養珠院(徳川家康の側室・お万の方=和歌山藩初代藩主・徳川頼宣の母)が、和歌浦に浮か

紀州東照宮

紀州藩初代藩主の徳川頼宣(とくがわよりのぶ)が父・家康の霊を祀るため、南海道の総鎮護として1620(元和7)年に創建した古社。駿河の久能山に似た和歌浦を望む地を選んで造営し、後に頼宣自身も祀られています。祭神は東照大権現(徳川家康)と南龍大

和歌浦天満宮

和歌浦天満宮は901(延喜元)年、菅原道真が九州・大宰府(だざいふ)に赴く途中、潮待ち風待ちで和歌浦に船を停泊。その時、和歌浦を望み、2首の歌を詠んだというゆかりの地に建つ菅原道真ゆかりの古社です。太宰府天満宮、北野天満宮とともに「日本三菅

片男波公園

片男波公園

和歌山県和歌山市、万葉の歌人に愛され、多くの歌に詠まれた景勝地・片男波(かたおなみ)に整備された、和歌浦湾と和歌川に挟まれた細長い公園が片男波公園。和歌浦湾を望む眺望が抜群で、和歌山県朝日夕陽百選にも選定。1.2kmの人工海浜は、春は潮干狩

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ