旧青山本邸

旧青山本邸

山形県飽海郡遊佐町(ゆざまち)、蝦夷地・祝津(現・北海道小樽市)のニシン漁で成功をおさめた青山留吉(あおやまとめきち)の生家。故郷の青塚には明治23年に本邸を建築し、田地250町余りを所有する大地主となっています。現存する本邸4棟は、国の重要文化財に指定。

北海道のニシン漁で財を築いた青山留吉の邸宅

旧青山本邸

青山留吉は、天保7年(1836年)、出羽国海郡遊佐郷青塚村(現・遊佐町比子字青塚)に生まれ、安政6年(1859年)、24歳の時に、蝦夷地(北海道)の漁場に単身渡り、後志国(しりべしのくに)高島郡祝津村(しゅくつむら=現・小樽市祝津)の寺田九兵エのもとで雇漁夫として働きます。
1年後に小規模ながら同地にて刺し網漁を行ない、幕末の慶応4年(1868年)、協同で漁場を借用、明治維新後に移動の自由が許されるようになると、祝津に移住、青塚場所、祝津場所を筆頭に、積丹半島(しゃこたんはんとう)に漁場を拡大したのです。
折からのニシン漁ブームもあって、明治30年、漁場15ヶ統余り、漁船130隻、使用人300人余を擁する道内有数の漁業家に成長します。

青山留吉が漁場を一族の青山政吉に譲り故郷の遊佐に戻ったのは、青山本邸築後の明治41年で、73歳になっていました。
その後、250町歩の大地主として酒田市出町に隠居し、大正5年4月19日、81歳で生涯を閉じています。

旧青山本邸の床や柱は欅の春慶塗り、漆喰壁、神代杉の巾広天井、うぐいす張りの廊下、端から端まで継ぎ目のない一本物の長押しという豪華さです。
旧青山本邸の邸内では、青山邸のお雛様展(2月中旬~4月上旬)、端午の節句展(4月上旬~6月上旬)、青山家の暮らし展(6月上旬~10月中旬)、旧青山本邸所蔵美術工芸品展(10月中旬~12月中旬)、青山邸のお正月展(12月中旬~2月中旬)を開催。

北海道小樽市に現存する小樽迎賓館「旧青山別邸」は青山留吉、政吉の親子2代で財を成し、青山家最盛期の大正6年、2代目となる青山政吉が築いたもの。

旧青山本邸

青山留吉が漁業家として成功したワケは!?

一代で小樽の三大網元となるまでに成長した背景には、青山留吉の革新的な工夫があります。
通常のニシン漁は、沖に建網(たてあみ)を張ってニシンの群来(くき)を待ち受けるのですが、年間でも2月頃〜6月頃の4ヶ月に限らるため、出稼ぎ若衆(やんしゅう)を季節労働者として雇うことになります。
これに対し、青山留吉は、出稼ぎ若衆の生活を支えるため、年間雇用に改め、漁夫らのために農地を買い上げ、自給自足できるようにしたのです。
つまり、ニシン漁が終わると、農林作業者へと転身させたのですが、経験のある漁夫を長期に雇用することができたために、漁獲高も増え、結果として大成功を収めたのです。

旧青山本邸
名称 旧青山本邸
所在地 山形県飽海郡遊佐町比子青塚155
関連HP 遊佐町公式ホームページ
電車・バスで JR遊佐駅からタクシーで15分。または、JR酒田駅からタクシーで20分
ドライブで 日本海東北自動車道酒田みなとICから約7km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 旧青山本邸 TEL:0234-75-3145
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧青山本邸のおひなさま

旧青山本邸のおひなさま|遊佐町

2019年2月13日(水)~4月7日(日)9:00~16:30、山形県遊佐町で『旧青山本邸のおひなさま』が開催されます。ニシン漁で成功をおさめた青山留吉の生家、旧青山本邸に代々引き継がれてきた古今雛や雛道具が展示されます。北前船によって京か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ