草岡の大明神桜

草岡の大明神桜

山形県長井市にある草岡の大明神桜は、樹齢1200年、東北地方最大級のエドヒガンで、国の天然記念物。樹高18.8m、根回り11.1m、幹回り10.9mで、同じ推定樹齢でも「伊佐沢の久保桜」よりもひとまわり大きい巨桜です。「置賜さくら回廊」を代表する桜のひとつで、個人宅に植えられた桜としては国内最大級。

推定樹齢1200年で日本の巨桜ベストテン入り!

草岡の大明神桜の花が咲く頃が苗代(なわしろ)の種蒔きの適期だったために、「種蒔桜」(たねまきざくら)とも呼ばれていました。
藤次郎政宗(伊達政宗)が鮎貝の合戦に加わった際、戦いに敗れ、桜の洞に隠れて難を逃れたという伝承があります。
戦国時代、鮎貝は置賜地方では米沢、高畠に次いで城下町(鮎貝城の城下町)として繁栄していたのです。

ちなみに桜は個人所有の敷地に咲くので、マナーを守って見学を。

草岡の大明神桜

草岡の大明神桜 DATA

名称 草岡の大明神桜/くさおかのだいみょうじんざくら
所在地 山形県東村山郡中山町達磨寺
関連HP 長井市観光ポータルサイト
電車・バスで フラワー長井線羽前成田駅から徒歩40分
ドライブで 東北自動車道福島飯坂ICから約75km
駐車場 30台/無料
問い合わせ やまがた長井観光局 TEL:0238-88-1831/FAX:0238-88-1812
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

子守堂の桜

2018.03.23

薬師桜

2018.03.22

伊佐沢の久保桜

2018.03.22

釜の越桜

2018.03.22

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ