長井あやめ公園

長井あやめ公園

山形県長井市にあるアヤメの名所で「日本四大あやめ園」にも数えられるのが長井あやめ公園。長井あやめ公園で発見された長井古種(長井系)など、貴重な品種も栽培しています。あやめ公園というものの、正しくはハナショウブで、3.3haに、500種100万本のハナショウブが咲き誇ります。

長井古種に注目!

長井あやめ公園

明治43年に地元の金田勝見が杉林跡地に野生のアヤメを植栽したのが始まり。
昭和37年7月4日、日本花菖蒲協会の視察の際に長井古種が発見され、希少種の江戸系古花よりも古い品種を保存している「あやめ公園」として全国的に有名になりました。

6月中旬~7月上旬のハナショウブの見頃には『長井あやめまつり』も開催されています。

長井古種は、ハナショウブのルーツ

現在、園芸種のハナショウブ(日本固有種)は、5000種ほどありますが、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に分類できます。
その系統の元であるノハナショウブの特徴を色濃く残すが昭和37年7月4日に発見された長井古種なのです。
飯豊山系自生したノハナショウブの色変わり種が江戸時代に栽培品種化したものが長井古種で、江戸に持ち込まれ園芸品種として改良され、今のハナショウブのもとになったと推測できるのです。
つまり、長井古種は、現在のハナショウブのルーツで、伝統品種群の系統として、江戸系、伊勢系、肥後系に長井古種を加えた4系統とすることが一般的になっています。
長井あやめ公園のシンボルである長井古種は現在34種が確認されています。

名称 長井あやめ公園/ながいあやめこうえん
所在地 山形県長井市横町5
電車・バスで 山形鉄道フラワー長井線あやめ公園駅から徒歩15分
ドライブで 山形自動車道山形蔵王ICから約42km
駐車場 192台/無料、あやめまつり期間中は河川敷に臨時駐車場を開設
問い合わせ TEL:0238-88-1831/FAX:0238-88-1812
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
長井あやめまつり

長井あやめまつり|長井市|2019

2019年6月15日(土)~7月7日(日)9:00~18:00、山形県長井市の長井あやめ公園で『長井あやめまつり』が開催されます。3.3haの公園内に500種100万本のあやめが咲き誇る日本有数のあやめ公園で、見頃を迎える頃に開催されるイベ

日本三大あやめ園

日本三大あやめ園とは!?

長井あやめ公園(山形県長井市/100万本)、水郷潮来あやめ園(茨城県潮来市/100万本)、水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市/150万本)が日本三大あやめ園、そして新潟県新発田市の五十公野公園(いじみのこうえん)が300種60万本で「日本四

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ