梅屋(新庄)

梅屋(新庄)

山形県新庄市、新庄名物「とりもつラーメン」の店が梅屋。平成14年にラーメン店4軒で「愛をとりもつラーメンの会」が結成されていますが、そのなかの一軒です。あっさりした鶏清湯醤油のスープに細縮れの自家製手もみ麺、それに「とりもつ」がどっさり入るという独特のラーメンです。

新庄のもつ煮文化が生んだご当地ラーメン

もともと新庄の農村部で、鶏を飼育する農家が多く、祝い事に鶏を一羽潰し、内蔵(もつ)も一緒に煮込んで味わう習慣がありました。
そのとりもつが居酒屋のメニューに導入され、居酒屋の〆の定番、鶏ガラの醤油ラーメンに、客が余ったモツ煮をラーメンに入れたことが始まりというのが定説。

数種の新鮮なとりもつを醤油と酒だけでじっくりと煮込み、もつ本来の旨味を生かし、さらにひと晩寝かせて使っているのだとか。
「現在の味にたどり着くまで、いろいろ試して試行錯誤を重ねました」と店主の梅本孝一さん。

キンカン、レバー、砂肝、ランカンなど数種類、合わせて20個以上のとりもつがラーメンスープに入っているので、食べごたえもあります。
店のメニューは、「らあめん」、「モツらあめん」、「ちゃあしゅうめん」、「ワカメらあめん」、「ピリ辛らあめん」、「ピリ辛ワカメらあめん」、「中華ざる」、「中華ざるぶっかけ」、「モツ中華ざるぶっかけ」。
これに夏限定の「冷し中華」、冬の夜限定の「肉中華」が加わります。
夏場には、「モツ中華ざるぶっかけ」も人気だとか。

店内はカウンター、テーブルのほか座敷もあって地元ファミリーの利用も多数(地元の人達に愛される店です)。
麺少なめなども選べるので、カロリーなどが気になる人も安心(通常は200gですが、150g、100gと選択可能)。

梅屋(新庄)
梅屋(新庄)
名称 梅屋(新庄)/うめや(しんじょう)
所在地 山形県新庄市千門町3-16
電車・バスで JR新庄駅から徒歩25分
ドライブで 東北中央自動車道東根ICから約42km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 梅屋 TEL:0233-22-3910
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ