ホトケヤマ散居集落展望台

ホトケヤマ散居集落展望台

山形県西置賜郡飯豊町、最上川上流、置賜白川の左岸に広がる飯豊散居集落(田園散居集落)を眺望する展望台が、ホトケヤマ散居集落展望台。飯豊町豊原地区の1200haという広大な田園地帯には、屋敷林に囲まれた民家が点在。田植えが終わる6月初旬頃には絶景となり、近年、注目度を増しています。

飯豊散居集落(田園散居集落)を一望に

広大な耕地の中に民家が散らばって点在する集落形態が散居村(散村とも)。
富山県の砺波平野(となみへいや)の散居村が有名ですが、黒部川の扇状地、奥州市胆沢区散居村、出雲平野など、日本各地に散居村はあり、そのひとつが飯豊町の飯豊散居集落(田園散居集落)。

集落があるのは、飯豊町中(なか)地区と萩生(はぎゅう)地区。
敷林が家を囲むのは、冬期の風雪から住居を守るために考え出された知恵です。
江戸時代には両地区で5000石ほどの石高を誇った場所。

平成5年「第1回美しい日本のむら景観コンテスト」最高賞の農林水産大臣賞、平成7年「第10回農村アメニティ・コンクール」最優秀賞を受賞したのが飯豊散居集落(田園散居集落)。

その飯豊散居集落(田園散居集落)を一望にする展望台は2ヶ所あり、そのひとつが天養寺観音堂(置賜三十三観音の4番札所・中村観音)近くのホトケヤマ散居集落展望台(もう1ヶ所はどんでん平ゆり園展望台)。
ワイドな眺望が広がるのは、ホトケヤマ散居集落展望台です。
天養寺観音堂の横がホトケヤマ散居集落展望台への入口で、専用駐車場から専用登山道を徒歩10分。

ちなみに、山形県の飯豊町、北海道岩見沢市、岩手県奥州市、富山県入善町、小矢部市、砺波市、高岡市、島根県斐川町の全国8市町で「全国散居村連絡協議会」を設立し、『全国散居村サミット』が開催されています。

ホトケヤマ散居集落展望台
ホトケヤマ散居集落展望台
名称 ホトケヤマ散居集落展望台/ほとけやまさんきょしゅうらくてんぼうだい
所在地 山形県西置賜郡飯豊町中1956
関連HP 飯豊町公式ホームページ
電車・バスで JR羽前椿駅からタクシーで10分
ドライブで 東北自動車道福島飯坂ICから約70km
駐車場 あり
問い合わせ 飯豊町商工観光課 TEL:0238-72-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ