富士山レーダードーム館

富士山レーダードーム館

富士山頂・剣ヶ峰に昭和39年に設置された気象庁の富士山レーダー。当時世界最高所の気象観測レーダーで、台風観測の要として活躍しました。平成13年に役割を終えた後、富士吉田市に移設され、富士山の気象観測の歴史などを学ぶ体験学習施設として公開され、富士吉田の新名所になっています。

富士山頂のレーダードームを富士吉田に移設

富士山レーダードーム館

ドッグランもある富士山親水公園(リフレ富士吉田)内にある施設で、道の駅富士吉田に隣接。
日本の気象観測に欠かせない存在であった富士山レーダーを移設した体験学習施設で、学校教育などにも人気の存在となっています。

1階の展示コーナーは、富士山測候所の歩み、完成までのみちのり、『芙蓉の人〜富士山頂の妻』を書いた新田次郎関連資料など。
新田次郎は、富士山レーダー建設当時の気象庁職員で、明治28年8月30日、富士山頂・剣ヶ峰に富士気象観測所を築き、夫婦で越冬生活を送った気象学者・野中到と千代子夫人の物語を『芙蓉の人〜富士山頂の妻』としてまとめています。

1階のシアターでは、50分間ほどのドキュメンタリー映像『世界最大のレーダー建設~富士山頂9000人のドラマ~』を上映しています。
ちなみに、NHKの人気番組『プロジェクトX』の栄えある第1回目放送で取り上げられたのが、富士山レーダーで、その「巨大台風から日本を守れ 富士山頂・男たちは命をかけた」をベースにつくられた充実した内容のドキュメンタリー。

2階の体験コーナー(山頂の気温と風を体験)では、気温-8度、風速13mという富士山頂の過酷な気象条件を体験することができます。

2階の気象観測クイズステーションでは10問のクイズが出題され、全問正解で「気象観測員認定書」をゲットできます。
また台風観測疑似体験コーナーもあり、人気です。

1階フロアには、ミュージアムショップも営業。

富士山レーダー
昭和39年、気象庁東京管区気象台が富士山頂・剣ヶ峯に設置した当時、世界最高所の気象観測レーダーが富士山レーダー。
建設は、三菱電機と大成建設が担い、5月に着工し、重量620kgのドーム部分は8月15日にヘリコプター(救難ヘリコプターとし運用されていたシコルスキーS-62)により空輸され、設置されました。
気象衛星の発達、そして静岡県の牧之原台地(牧之原気象レーダー観測所)と長野県の車山(車山気象レーダー観測所)に代替レーダーを設置して平成11年11月1日、その役割を終えました。
その後、富士吉田市と御殿場市との誘致合戦が行なわれた末、いち早く名乗りを上げた富士吉田市に移設が決定し、平成16年4月24日に「富士山レーダードーム館」としてオープンしています。

富士山レーダードーム館

富士山レーダー

 

富士山レーダードーム館 DATA

名称 富士山レーダードーム館/ふじさんれーだーどーむかん
所在地 山梨県富士吉田市新屋1936-1
関連HP ふじよしだ観光振興サービス
ドライブで 東富士五湖道路富士吉田ICから約5.3km
駐車場 70台/無料
問い合わせ TEL:0555-20-0223/FAX:0555-20-0224
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

道の駅富士吉田

2018.08.31

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ