ポコペン横丁

ポコペン横丁

愛媛県大洲市、まぼろし商店街1丁目と銘打ち、「ぽこぺん、ぽこぺん、だぁれが突っついたか」という懐かしい「かくれんぼ」の世界、昭和30年代の横丁を再現したのがポコペン横丁。地元商店が運営し、様々な店が出店されているので、城下町散策の際に、立ち寄るのに絶好です。

昭和30年代の横丁を再現

その時は、愛媛で。「ポコペン横丁」篇
ポコペン横丁
昭和30年代をテーマにしたショッピングモール

地元商店による、おばちゃんの中華そば、肉屋の絶品コロッケ、焼き鳥などの飲食店、骨董品、レアな玩具などもある物販店、1960年代のプラモデルを揃えた店、竹馬、しゃぼん玉、ベーゴマなどで遊べる昔遊びの体験コーナーなどが軒を並べています。
ポコペン広場の「思ひ出倉庫」は、倉庫と呼ばれる館内に、昔の交番や理髪店、駄菓子屋など昭和の街並みを再現(有料施設です)。

ポコペン横丁
ポコペン広場の「思ひ出倉庫」に再現された昭和30年代のお茶の間
ポコペン横丁
名称 ポコペン横丁/ぽこぺんよこちょう
所在地 愛媛県大洲市大洲本町3丁目
関連HP ポコペン横丁公式ホームページ
電車・バスで JR伊予大洲駅から徒歩20分。または、タクシー5分
ドライブで 松山自動車道大洲ICから約5km
駐車場 大洲まちの駅あさもや駐車場(43台/無料)
問い合わせ 大洲市観光協会 TEL:0893-24-2664 FAX:0893-24-2750
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大洲まちの駅あさもや

大洲まちの駅あさもや

愛媛県大洲市の観光の玄関口として平成14年に造られた「まちの駅」が、大洲まちの駅あさもや。道の駅が幹線道路沿いにあるのに対して、まちの駅は町なかに位置し、レトロな大洲の町並みにとけ込むようにと配慮された和風の建物になっています。大洲の町並み

おはなはん通り

おはなはん通り

「伊予の小京都」と呼ばれる愛媛県大洲市(おおずし)の中心部にある風情ある通りが、おはなはん通り。おはなはん通りのある志保町や比地町は商人町として大洲でいちばん早くから開けたところで、江戸時代から大正時代にかけて建てられた土蔵が建ち並んでいま

おおず赤煉瓦館

おおず赤煉瓦館

愛媛県大洲市、明治34年、大洲商業銀行本店として建てられた和洋折衷の建物が、おおず赤煉瓦館。銀行建設の背景には、当時、大洲が養蚕・製糸の集積地として繁栄し、明治32年には「大洲繭売買所」が開設したことがあります。つまりは明治時代の大洲繁栄の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ