わらマンモス

わらマンモス

愛媛県西予市宇和町岩木、JR予讃線・伊予石城駅(いよいわきえき)近く、予讃線の線路沿いの田んぼに配されたアートが、わらマンモス。「わらで作ったマンモスの親子と、わらで作ったお家」(わらマンモスとわらぐろ群)というアート群で、毎年3月〜4月にマンモスの藁(わら)を張り替えを実施。

わらぐろが、マンモスに進化

平成23年、4月29日に行なわれる『宇和れんげまつり』(当日のみ伊予石城駅に特急「宇和海」が臨時停車)を盛り上げようと、武蔵野美術大学(東京都小平市)の「わらアートチーム」と地元有志が協力して制作した「むさ美くん」が始まり。
平成29年にリニューアルされ、現在では鉄筋を内蔵し、さらに丈夫な構造に。

春には西予市の市花であるレンゲと、夏には稲が育った緑の田んぼ、秋には稲刈り後の田んぼとわらマンモスのコラボとなります。
脇を走る予讃線(伊予石城駅〜双岩間、伊予石城駅を出てすぐ、左側)の車窓からも見学可能。

ちなみに、3頭のマンモスには名が付けられ、親マンモスは、わらら、子マンモスが、まい。
そして 孫マンモスは、れんと命名されています。

元々、四国では、稲藁を乾燥貯蔵するために積まれた、三角帽子のような造型「わらぐろ」(九州では「わらこずみ」、東日本では「にお」・「にゅう」)という文化があり、愛媛県の農村の原風景となっていましたが、近年は失われ(往時は、藁は藁細工や牛の餌などに使われていました)、マンモスの造形へと昇華したもの(「宇和わらぐろの会」がその伝統を継承)。

わらマンモス
わらマンモス
名称 わらマンモス/わらまんもす
所在地 愛媛県西予市宇和町岩木
関連HP 西予市観光物産協会公式ホームページ
電車・バスで JR伊予石城駅から徒歩3分
ドライブで 松山自動車道西予宇和ICから約7km
駐車場 伊予石城駅前駐車場を利用
問い合わせ 西予市観光物産協会 TEL:0894-62-6437
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ