愛宕山古墳

行田市の埼玉古墳群(さきたまこふんぐん)にある全長53mという小型の前方後円墳が愛宕山古墳。埼玉古墳群の中央駐車場の東に隣接しますが、墳頂に上ることはできません。埼玉古墳群の前方後円墳としては最小の古墳ですが、周辺の大型前方後円墳と同じく二重の濠に囲まれています。

発掘調査では数々の埴輪が出土

かつて墳丘の上に火伏せの愛宕神社(あたごじんじゃ)が祀られていたことが、その名の由来です。
発掘調査から冑をかぶった武人などの人物埴輪、大刀、盾、蓋(きぬがさ=貴人の用いた傘)などの器財埴輪(きざいはにわ)、馬形埴輪や円筒埴輪(えんとうはにわ)が出土しています。

円筒埴輪も高さ40cmと、大型の前方後円墳に配されたものより小型で、出土品などから二子山古墳に近い時期の、6世紀前半に築造されたと推測されています。

愛宕山古墳 DATA

名称 愛宕山古墳/あたごやまこふん
Atagoyama Burial Mound
所在地 埼玉県行田市埼玉
関連HP 行田市ホームページ
埼玉県立さきたま史跡の博物館
電車・バスで JR吹上駅から朝日バス佐間経由行田車庫行きで15分、産業道路下車、徒歩15分。JR北鴻巣駅からさきたま緑道を徒歩1時間
ドライブで 東北自動車道羽生ICから約14km
駐車場 295台(さきたま古墳公園駐車場)/無料
問い合わせ 行田市観光協会TEL:048-556-1111/FAX:048-553-5063
埼玉県立さきたま史跡の博物館TEL:048-559-1111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ