有松・鳴海絞会館

江戸時代に東海道の「間の宿」として栄えた有松(ありまつ/名古屋市緑区)の名物が有松絞り。その家並みは重要伝統的建造物群保存地区となっていますが、その一画に建つ有松鳴海絞会館は、絞りの歴史資料や技術を、実物で展示解説する資料館。江戸時代の東海道を通る旅人の人気みやげだった「有松絞り」の秘密がわかります。

有松絞りを見学、購入、体験が可能!

土蔵をイメージした外観

有松絞りの名品が展示されています

有松は東海道の鳴海宿(なるみしゅく/名古屋市緑区鳴海町)と池鯉鮒宿(ちりゅうしゅく=現・知立市)の間にあった「間(あい)の宿」で、重要伝統的建造物群保存地区に登録の古き家並みが続き、街道時代の面影が残る町並みの散策が楽しめます。

その有松の特産が、街道時代に伊勢参りのみやげの定番だったという有松絞り。
開祖・竹田庄九郎らによって1608(慶長13)年に始まったという歴史ある伝統工芸です。

尾張藩は藩の特産品として保護し、竹田庄九郎を御用商人に取り立てたことから発展の礎が築かれました。その繁栄ぶりは、北斎や広重の浮世絵にも描かれています。

有松・鳴海絞会館の1階展示即売場は、絞りの歴史資料や技術が実物を使い、わかりやすく展示されているほか、有松絞りが一堂に揃い、ハンカチ、ネクタイ、膝掛けやスカーフから反物、浴衣、着物まで購入することが可能です。

2階では2名の伝統工芸士による絞実演も行なわれ、それぞれの技を間近に見学できます(正午〜13:00を除く)。
予約で、ハンカチ、テーブルセンター、のれん、エプロン、Tシャツなどを染め上げる「絞り教室」も実施。

竹田庄九郎が考案の有松絞り
尾張藩は当時東海道沿いの荒れ地だった有松に住む住民を募り、1608(慶長13)年、新しい村として有松が開かれました。
阿久比の商家・竹田庄九郎以下8名が移住しましたが、土地は粘土質で、農業には不向きだったのです。
名古屋城の築城(天下普請)と清洲城下からの大移転事業(「清洲越し」)で、九州豊後からやってきた人の絞り染めの手ぬぐいをヒントに、竹田庄九郎が三河木綿に絞り染めを施した手ぬぐいを東海道のみやげとして販売したのが「有松絞り」の始まり(『有松町史』などによる)。
その後、鳴海など周辺地域での生産が行なわれるようになったので、1781(天明元)年、尾張藩は有松絞りの保護のため有松の業者に絞りの営業独占権を与えています(幕末に独占権は解除)。
こうしてブランドの確立ができあがり、鳴海など周辺地域の下請け業者が有松絞りの発展を支えていました。

有松絞りの着物

 

有松・鳴海絞会館 DATA

名称 有松・鳴海絞会館/ありまつなるみしぼりかいかん
所在地 愛知県名古屋市緑区有松3008
公式HP http://www.shibori-kaikan.com/
電車・バスで 名鉄名古屋本線有松駅から徒歩5分
ドライブで 伊勢湾岸自動車道名古屋南ICから国道23号を大府方面に1km走った有松ICを左折、県道243号を2km
駐車場 5台/無料
問い合わせ TEL:052-621-0111/FAX:052-621-6051

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ