常泉寺(豊臣秀吉生誕の地)

常泉寺(豊臣秀吉生誕の地)

愛知県名古屋市中村区にある日蓮宗の寺、太閣山常泉寺。当初は豊国大明神(秀吉の神号)の廟堂として、加藤清正と妙勝寺(現・海部郡甚目寺町)円住院の日誦上人(にっしょうしょうにん)が開山。御神体は秀吉の肖像画。常泉寺はその別当で、境内には秀吉公産湯の井戸もあります。

秀吉の生誕地という伝承の地

太閤山と号したのは、この地が秀吉の生誕地だから(義父・筑阿彌の宅がありました)そして常泉寺という寺号は、秀吉の産湯の井戸が涸れることのない清泉ということに由来しています。
「秀吉公産湯の井戸 」は、残念ながら都市化の流れで昭和40年代に枯れてしまいましたが、元号が平成に代わる頃、再度、掘削などを行ない、泉を取り戻しています。
境内にある柊(ひいらぎ)は、天文16年(1547年)、秀吉自らが植えたものと伝えられています(幹が枯れても、根元から新しく芽生えるのだとか)。
御神体の秀吉の肖像画(束帯唐冠)は、大坂城にあったものを豊臣秀頼に願い出て譲り受け、加藤清正が移したものだとか。

南側に隣接する妙行寺は加藤清正の生誕地です。

なお豊臣秀吉の生誕地は義父・筑阿彌(秀吉とは不仲とも)の宅ではなく、南へ約800mの中中村(現在の中村中町)とする説もあり、定かではありません。
近くにある小学校は千成小学校に日吉小学校、中学は豊国中学、公園は日吉公園(公園内の日之宮神社は秀吉の母が子供を授かるようにと日参したと伝えられます)というから、一帯はまさに秀吉生誕の地らしい雰囲気です。

常泉寺
『尾張名所図会』に描かれた常泉寺(右上)と妙行寺(中央下)
常泉寺(豊臣秀吉生誕の地)
名称 常泉寺(豊臣秀吉生誕の地)/じょうせんじ(とよとみひでよしせいたんのち)
所在地 愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷47
関連HP 常泉寺公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄東山線中村公園駅6番出口から徒歩10分
ドライブで 名古屋高速5号万場線黄金出口から約4km
駐車場 境内駐車場を利用
問い合わせ 常泉寺 TEL:052-412-3467
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
豊国神社

豊国神社

愛知県名古屋市中村区の中村公園内にある豊臣秀吉を祀る神社が豊国神社(とよくにじんじゃ)。豊臣秀吉は、伏見城での没後、神号「豊国大明神」を下賜され、まず京の豊国神社に祀られました。中村公園(尾張国愛知郡中村)は秀吉の生誕地と推測される地で、明

妙行寺

妙行寺(加藤清正生誕の地)

愛知県名古屋市中村区中村町にある日蓮宗の寺、正悦山妙行寺。かつては東に200mほどのところにあり本行寺という真言宗の寺でしたが日蓮宗に改宗し妙行寺に。慶長15年(1610年)の名古屋城築城の際、普請の命を受けた加藤清正は築城の余材と普請小屋

大河ドラマの主人公、有名武将の生誕地&産湯の井戸

大河ドラマの主人公、有名武将の生誕地&産湯の井戸

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑を筆頭に、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、明智光秀、前田利家、山内一豊、徳川秀忠、源頼朝というNHK大河ドラマの主人公となった11人の有名武将、そしてその候補となる2人(石田三成、加藤清正)の合計13人の生

三英傑

三英傑とは!?

戦国時代、天下統一へと導いた織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は、ともに愛知県出身で、名古屋ゆかりということで、地元・名古屋を中心に三英傑(さんえいけつ)と呼ばれています。そのうち、信長、秀吉は尾張国(愛知県西部)、家康は岡崎で三河国(愛知県東部

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ