名港トリトン・名港西大橋

名港トリトン・名港西大橋

名古屋港のシンボルとなっている3連続の斜張橋「名港トリトン」。伊勢湾岸自動車道の3つの橋のうち、もっとも西側に架るのが名港西大橋です。名港トリトンはトリコロールカラーで名港西大橋は赤く塗装されています。金城ふ頭(名港中央IC)と日本一金持ちの村といわれる愛知県飛島村(飛島IC)を結ぶ斜張橋です。

橋の下を太平洋フェリーが通過

名港トリトン・名港西大橋

橋長758m、中央径間405mの斜張橋ですが構造が他の2橋と異なって上下線に分離。
つまり2つの橋が並列されているのです。
上り線の路肩が他の2橋や名港西大橋下り線と異なり、やや狭い(幅員16mと3.4m狭い)のは伊勢湾岸自動車道が新名神・新東名へと連結する東西幹線となる構想以前の設計だから(名二環と同規格)。
昭和59年度の土木学会田中賞作品部門を受賞。

桁下空間は39.4mあり、この橋の下を名古屋〜仙台〜苫小牧を結ぶ名鉄系の太平洋フェリーがくぐります。
名古屋港フェリーふ頭(名古屋市港区空見町)を起点に伊勢湾クルージング(ランチバイキングクルーズ)も行なわれています。

当初、塗装は白に決められていましたが、主塔の高さが航空法に抵触するため、赤く塗装されています。

名港トリトン・名港西大橋
名称 名港トリトン・名港西大橋/めいこうとりとん・めいこうにしおおはし
所在地 愛知県名古屋市港区金城ふ頭〜海部郡飛島村金岡
関連HP 名古屋観光コンベンションビューロー公式ホームページ
ドライブで 伊勢湾岸自動車道名港中央ICと飛島ICの間が名港西大橋
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
名港トリトン・名港東大橋

名港トリトン・名港東大橋

伊勢湾奥の名古屋港をひとまたぎにする3つの連続橋の総称が名港トリトン。もっとも東にあるのが名港東大橋です。新宝ふ頭(愛知県東海市新宝町)〜潮見ふ頭(名古屋市港区潮見町)間にある斜張橋で、新宝ふ頭側が東海IC、潮見ふ頭側が名港潮見ICとなって

名港トリトン・名港中央大橋

名港トリトン・名港中央大橋

名古屋港を横断する3つの連続する斜張橋の総称が名港トリトン(名港東大橋、名港中央大橋、名港西大橋)ですが、その中央に位置するのが名港中央大橋。名古屋港の埋立地(人工島)、金城ふ頭と潮見ふ頭をひとまたぎにする橋長1170m、中央径間590mと

名港トリトン

名港トリトン

伊勢湾岸自動車道の東海IC〜飛島IC間、伊勢湾最奥の名古屋港に架かる名港東大橋(橋長700m)名港中央大橋(橋長1100m)、名港西大橋(橋長758m)の3つ橋の総称が名港トリトン。世界的規模を誇る往復6車線の海上斜張橋はそれぞれ青、白、赤

飛島村空撮

日本一長い地名のある飛島村は日本一裕福だった!

全国を取材で飛び回っていると、時たま「いよっ! 日本一」と声をかけたくなる意外な場所に出くわすことがあります。今回などはその典型。意外に知られていない「日本一長い地名」です。日本一長い地名には釣具店が建つ長い地名というと一般的に京都市街を思

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ