温泉ソムリエ・板倉あつし絶賛の湯は「相泊温泉」

相泊温泉

知床の秘湯名湯を温泉ソムリエ・板倉あつしさん、温泉達人の飯出敏夫さんと回ります。
板倉さんが、「ここはいいねぇ、個人的には非常におすすめしたい」というのが、知床半島ではもっとも先端(知床岬)に近い場所に湧く(一般に入浴できる温泉としてですが)、相泊温泉露天風呂です。

根室海峡の先には国後島が横たわる

羅臼から知床半島の先端に向かってさらに車を走らせると、もうこれ以上道がないという、どん詰まりが相泊漁港です。
その少し手前に湧くのが相泊温泉露天風呂。
昆布漁を営む地元の人々が海岸を採掘した温泉で、7月から9月頃の昆布漁シーズンには、玉石の浜に小屋掛けもできます。いちおう仕切りが設けられ男女別になってはいますが、ご覧のとおり海に向かって開け放たれた状態。海側からは丸見えです。

女湯の湯船。簡素な囲いがあるだけです

このワイルドな風情と気さくなムード、そして、大海原越しに国後島(くなしりとう)を眺める極上のロケーションに、秘湯ファンにも大人気のスポットとなっています。
「目の前に見えるのは根室ですか?」なんてトンチンカンな質問をする人もなかにはいますが、目の前に横たわっているのは北方領土の国後島です。

人は「湯船の底から温泉が湧く」に注目

「とくに強調したいのは、湯船の底から温泉が湧いていること。しかも適温。それがスゴい」と飯出さん、板倉さんは声を揃えて強調します。入浴したら、ぜひその辺もチェックをお願いします。

「泉質は食塩泉で、湯上がりはポカポカに! 入浴は自由ですが、地元の人が管理する温泉なので、くれぐれもマナーを守って利用してください」(案内をしてくれた観光船知床アルランの湊謙一さん)

相泊温泉露天風呂
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

相泊温泉

知床半島羅臼側の道道終点、相泊(あいどまり)集落にあり、昆布漁を営む地元の人が採掘した、海岸に湧く温泉。7月~9月の漁期には、玉石の浜に小屋掛けもできます。湯船の底から湧き出した温泉につかり、オホーツク海を目の前に眺めながらの入浴が楽しめま

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ