なまはげ館

毎年12月31日に行なわれる男鹿(おが)地方の伝統行事「なまはげ」。なまはげ館は、そのなまはげを男鹿地方の風土とともに解説、紹介する資料館です。男鹿市内各地で行なわれる、約60地区のなまはげの面や衣装などを見学できるほか、なまはげの衣装を身につけての記念撮影も可能。

ミステリアスななまはげを紹介するミュージアム

恐ろしい鬼の面などを付け、荒々しい姿で各家々を廻り、町中を練り歩くこの地方独特の風習ですが、実はこのなまはげ、厄除け、吉事をもたらす真山・本山に鎮座する神々の使者と信じられており、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

なまはげの語源は冬にコタツなどにあたり続けてできる「火斑(ナモミ)を剥ぐ」という言葉が訛ったもの。
つまりは、火斑を剥ぎ取って怠け者を戒めるのがなまはげなのです。

なまはげ館では、なまはげを生み、育み、伝承してきた男鹿特有の風土を紹介するとともに、男鹿市内各地で実際に使われていた110体、40枚(計150枚)の多種多様ななまはげの面が展示されています。

なまはげ伝承ホールでは、男鹿の大晦日のなまはげ習俗を紹介する映画『なまはげの一夜』を30分ごとに上映。

このほか、なまはげ彫師・石川千秋による面作りの実演も行なわれ(注文販売も可能)、地域による違いなどを間近で感じられます。
「なまはげ変身コーナー」では、なまはげの衣装を身につけての記念撮影も可能。

なまはげ館に隣接して「男鹿真山伝承館」があり、「なまはげ習俗学習講座」を開催しています。

 

なまはげ館 DATA

名称 なまはげ館/なまはげかん
所在地 秋田県男鹿市北浦真山水喰沢
関連HP なまはげ館公式ホームページ
電車・バスで JR羽立駅から秋田中央交通バス安全寺行きで40分、真山下車、徒歩15分。または、JR羽立駅からタクシーで15分
ドライブで 秋田自動車道昭和男鹿半島ICから約35.5km
駐車場 270台/無料
問い合わせ TEL:0185-22-5050
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ