信玄公墓所

信玄公墓所

元亀4年(1573年)、信州駒場で病死した武田信玄を密かに仮埋葬した地と伝えられているのが甲府市岩窪町にある信玄公墓所。武田信玄は上洛途中で病に倒れ、その遺言によって、喪を3年間も隠し続け、さらに万一の外敵を恐れて、埋葬地を秘密にもしていました。居館のあった府中(甲府市)に残される墓所のひとつがこの信玄公墓所です。

信州駒場で病死した信玄を密かに仮埋葬した地

信玄公墓所

喪を3年間も隠し続けたためもあって、武田信玄の墓は甲州では大泉寺、恵林寺、信州の諏訪湖、長岳寺(下伊那郡阿智村駒場)、龍雲寺(佐久市)、紀州の高野山奥の院、三河(設楽町)の福田寺、京の妙心寺など全国各地に存在しています。

信玄はその死が公表された後に、武田勝頼の手によって恵林寺(甲州市)に埋葬されていますが、では秘められた3年間はその遺骸はどこにあったのかということに。

新緑の季節に死んだことを考えても、いずれの地かで火葬するなどして、どこかに安置する必要に迫られたはずです。
永禄3年(1560年)、信玄が、京都より説三和尚を迎えて開山し、元亀元年(1570年)7月28日に没した三条夫人の菩提寺である円光院の近くに仮埋葬をしたという可能性は、かなり大。

信玄公墓所
名称 信玄公墓所/しんげんこうぼしょ
所在地 山梨県甲府市岩窪町
関連HP 甲府市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR中央本線甲府駅北口から山梨交通バス武田神社経由積翠寺行きで7分、武田神社下車、徒歩15分。または大泉寺から徒歩10分
ドライブで 中央自動車道甲府昭和ICから約7km。または、中央自動車道一宮御坂ICから約15km
駐車場 なし
問い合わせ 甲府市観光開発課 TEL:055-237-5702
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
積翠寺

積翠寺

山梨県甲府市上積翠町にある臨済宗妙心寺派の寺が積翠寺(せきすいじ)。武田氏の詰城(つめじろ=敵方に包囲された際の最後の砦)である要害城の山裾にある城で、境内の巨石から泉が湧き石水寺と呼ばれた寺。武田信玄誕生の地ともいわれ、産湯を汲んだ「信玄

有名武将の終焉の地&墓所

大河ドラマの主人公、有名武将の終焉の地&墓所

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑を筆頭に、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗、明智光秀、前田利家、山内一豊、徳川秀忠、源頼朝というNHK大河ドラマの主人公となった11人の有名武将、そしてその候補となる2人(石田三成、加藤清正)の合計13人の終

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ