永田屋

永田屋

秋田県にかほ市の平沢港近くにある鮮魚店で、秋田県の郷土料理「ハタハタすし」製造販売の元祖が永田屋。秋田県沿岸で獲れる深海魚のハタハタ(スズキ目)を使い、冬の保存食として考案された熟れ鮨(なれずし)。ハタハタを塩と米と麹で乳酸発酵させた食品で、発酵食品としても再注目されています。

秋田の手作りの保存食・ハタハタすしを購入

ハタハタは、水温が下がる正月前になると、産卵のため沿岸の浅瀬に押し寄せますが、周辺の町では昔からしょっつる(魚醤)や干物、塩漬けなど、冬の保存食としてさまざまに利用されてきました。
なかでも由利海岸地方では、このハタハタを秋田米(ササニシキ)や麹とともに仕込んで発酵させた、熟れ鮨の一種「ハタハタすし」が名物。

江戸時代からこの地方で食べられてきた伝統食で、とくに正月にはかかせない味。
ご飯のお供にも、地酒にもよく合う一品です。

永田屋では日本海でとれたハタハタに、秋田産の米や麹、塩、海藻などを加えて漬け込んでいますが、すべての工程が昔と同じ手作り。
化学調味料、防腐剤などは一切不使用のため、保存食といえども10日間程度と日もちはしませんが、冷凍保存なら1ヶ月はもつとか。

このハタハタすし、オスの切り身を使うのが一般的ですが、メスの一匹漬けである「子持ち姿漬け」も用意されています。
ほかに、ぬか漬けの「糠はたはた」、アオサやフノリなどの海藻、地物の鮮魚も販売。
ネット販売も行なっています。

ちなみに、北海道、東北の飯寿司(いずし)も同じ熟れ寿司です。

永田屋
名称 永田屋/ながたや
所在地 秋田県にかほ市平沢中町43
関連HP 永田屋公式ホームページ
電車・バスで JR仁賀保駅から徒歩5分
ドライブで 日本海東北自動車道仁賀保ICから約1km
問い合わせ 永田屋 TEL:0184-35-2943
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ