第30回秋田追分全国大会|五城目町|2019

秋田追分全国大会

2019年7月7日(日)9:00〜、秋田県五城目町の広域五城目体育館で『第30回秋田追分全国大会』が開催。秋田追分の生みの親は五城目町出身の鳥井森鈴(本名:鳥井儀助)。秋田追分発祥の地で行なわれる秋田追分の正しい伝承と保存、普及を目的としたのど自慢イベントです。一般の部、熟年の部、年少の部の3部門で競います。

秋田県内外から100人ほどの唄い手が参加

「秋田追分」の元唄は周辺地域で唄われていた「在郷追分」(じゃんごおいわけ)。
鳥井森鈴が「秋田追分」を発表したのは大正14年のこと。
同じ秋田県には「本荘追分」がありますが、こちらは「信濃追分」が北前船で運ばれたもの。

五城目は昔から芸能の盛んな町で、鳥井森鈴も幼いころから民謡に親しみ、15歳のときに民謡歌手になる決意をしています。
大正時代は「信濃追分」をルーツとする民謡「江差追分」が大流行し、これを歌う「三浦為七郎一座」などが日本全国に興行し、五城目にも訪れています。
五城目にあった芝居小屋「五城座」での公演の際、鳥井森鈴は、飛び入りで「宮野カネ子一座」に参加した際に、その上手さで拍手喝さいを浴び、この一座に加わって全国を巡業するようになったのです。
鳥井森鈴は、秋田にあった「在郷追分」(じゃんごおいわけ)と人気の「江差追分」をあわせて、新しい追分節を考案。
これが今に伝わる「秋田追分」なのです。

秋田追分

(前唄)
春の花見は 千秋公園 夏は象潟 男鹿島か
秋は田沢か 十和田のもみじ 冬は大湯か 大滝か
(本唄)
太平の 山の上から はるかに見れば 水澄み みなぎる 八郎潟
(後唄)
誰を待つやら きみまち坂 主と二人で 抱き返り

第30回秋田追分全国大会|五城目町|2019
開催日時 2019年7月7日(日)9:00〜
所在地 秋田県南秋田郡五城目町上樋口堂社75
場所 広域五城目体育館
関連HP 五城目町公式ホームページ
電車・バスで JR八郎潟駅からタクシーで10分
ドライブで 秋田自動車道五城目八郎潟ICから約3.5km
問い合わせ 五城目町商工振興課 TEL:018-852-5222
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

第57回江差追分全国大会(北海道江差町)|2019

2019年9月20日(金)~9月21日(土)、江差町の江差文化会館大ホールで『第57回江差追分全国大会』が開催されます。江差追分の唄い手約350人が日本一を競う大会で、昭和38年に第1回が開催された、民謡の全国大会としては最も歴史ある大会。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ