「食のみやこ鳥取県」いなば農産物フェスタ(鳥取市)

地場産プラザ「わったいな」周辺(鳥取市賀露町)を会場に「体験」・「実感」・「発見」をテーマに10月に開催される収穫感謝祭。主催は「JA鳥取いなば」で、管内の旬の農産物を集め、「食のみやこ鳥取県」をPRするビッグイベントです。

30mの巻きずしを参加者が作る「ジャンボ巻き寿司大会」も

恒例の30mの巻きずしを参加者が息を合わせて作る「ジャンボ巻き寿司大会」(100名定員)や農産物の大抽選会などを実施。
クイズに全問正解しアンケートに答えれば、ミニステーキ試食(各日1000食)、レトルトカレー無料配布(各日1000食)が待っています。
「環境に配慮し、マイバッグ・マイ箸をご持参ください」(「食のみやこ鳥取県」いなば農産物フェスタ事務局)

『第28回とっとりイモコンフェスティバル』も同時開催され、鳥取藩の伝統料理である里芋とコンニャクを使った鍋料理を1杯100円で提供(各日500食)。

「因幡の半知」と「いもこん鍋」の関係は!?

かつて「因幡の半知」(いなばのはんち)という言葉があったほど、貧乏だった鳥取藩。自称32万石の大名ですが、実は16万石の石高しかないので石高を倍に水増し。格式を重んじた鳥取藩士たちですが、実は質素倹約の生活を強いられていました。
半知は、江戸時代、切迫する藩財政救済のため、藩主が借り上げた形にして家臣の知行・俸禄を半分に減じた施策のこと。
今風にいえば「サラリー半減」といった感じです。
下級武士は庭を野菜畑にして、里芋やコンニャクを自家栽培。それに賀露で揚がるイワシの干物の3品が酒の肴でした。

「イモコン・干イワシ」は、こんな鳥取藩の下級武士の食生活を表す言葉。むらづくり運動実践団体「トットリ・アフトピア協会」が、活動の一環で「いもこん鍋」を復活させ、毎年『とっとりイモコンフェスティバル』を開催しているのです。

家庭でつくる「いもこん鍋」レシピ

(資料提供:鳥取県食のみやこ推進課・鳥取県東京事務所)
【材料】(4人分)
・こんにゃく=300g
・大根=300g
・里芋=300g
・ニンジン=100g
・ゴボウ=50g
・鶏もも肉=170g
・ネギ=適当量
・サラダ油=大さじ1
・A調味液
  しょうゆ=大さじ2
  みりん=大さじ1
  砂糖=大さじ3分の2
  一味唐辛子=お好みで少々
・B調味液
  だし汁=3カップ
  しょうゆ=50cc
  酒=大さじ1
  みりん=大さじ1
  酢=大さじ2分の1

【作り方】
(1)大根は大きな乱切りに
(2)里芋は皮をむき、丸のままさっと湯がいて大きなものは半分に切る
(3)こんにゃくはさっと湯がいてアクを取り、手で大きめにちぎり、から炒りにして水分を飛ばした後、A調味液で汁気がなくなるまで炒り煮する
(4)ニンジン、ゴボウを乱切りにし、さらに鶏肉も同じくらいの大きさにカット
(5)鍋にサラダ油を熱して、鶏肉とゴボウを炒める
(6)出汁(だし)を加えて加熱し沸騰したら、大根とニンジンを入れて煮る。大根が柔らかくなったら、里芋も加える
(7)里芋が半煮え(切り口を見て色の変わった部分が半径の半分に達したくらい)になったら、B調味液を入れ、弱火でゆっくり味を含ませる
(8)最後に(3)のこんにゃくを加える。ネギは椀にいれる前に散らす
  

いなば農産物フェスタ DATA

開催日 2016年10月15日(土)〜10月16日(日)
開催時間 10月15日(土)10:00〜16:00
10月16日(日)9:00〜15:00
料金 入場無料/td>
所在地 鳥取県鳥取市賀露町西3-323
場所 地場産プラザわったいな周辺
電車・バスで 鳥取砂丘コナン空港からタクシーで5分。または、JR鳥取駅日ノ丸バス賀露線で30分、かにっこ館前下車すぐ
ドライブで 鳥取自動車道鳥取ICから8.5km(15分)
駐車場 450台/無料
問い合わせ 「食のみやこ鳥取県」いなば農産物フェスタ実行委員会事務局
TEL:0857-32-1141/FAX:0857-32-1110
公式HP http://www.shokunomiyako.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ