第9回北アルプス「三蔵」呑み歩き(長野県大町市)

清冽な北アルプスの伏流水を仕込みに使う岳都・大町には、「北安大國」を醸す北安醸造、「白馬錦」の薄井商店、「金蘭黒部」の市野屋商店と3つの酒蔵があります。参加費を払って、手作り猪口袋付き「利き猪口」を購入し、3つの酒蔵を訪ねて飲み比べるというイベント。「利き猪口」が参加証になっています。

「利き猪口」を購入して3つの酒蔵を訪ねよう!

「利き猪口」を販売するのは、いーずら大町特産館、創舎わちがい、大町温泉郷観光協会、 横川商店、吉澤酒店、イゲタボシ伊藤商店、一木宮坂商店。当時に限り、信濃大町駅前でも販売されます。

蔵では自慢の地酒を用意するほか、過去にはこのイベントだけ飲むことができる非売品の酒が出されたことも。

松本13:24発→信濃大町14:25着の臨時列車「北アルプス三蔵ほろ酔い号」も運転されるので、JR利用の場合はこの列車がおすすめ。
さらに大町温泉郷と街中を結ぶ「無料シャトルバス」も運行(「利き猪口」提示で乗車可能)。
大町温泉郷観光協会〜塩の道ちょうじや往復で、大町温泉郷観光協会始発14:00、塩の道ちょうじや発最終21:30でほぼ1時間ごとの運転を予定しています。大町温泉郷に宿泊の際はこのシャトルバスの利用を。
ご注意/このイベントに参加する場合は車の運転はできません。

これが2016年の「利き猪口」

これが2016年の「利き猪口」

3つの酒蔵では趣向をこらしたイベントを実施

北安醸造=書家・一志水鏡氏の作品を展示の『ほろよい展』
薄井商店=松川村の陶芸家・平林昇氏作『酒の器展』、安曇野K工房の酒瓶ランプの展示、アルプスダンサーズによるストリートダンスの紹介&披露、むすびころりん本舗による「びっくりうかし餅」の実演と販売、白馬錦蔵人が造ったお米の販売、白馬錦酒粕を使用したフェイシャルパック・スキンクリームの販売
市野屋商店=明治初期に建てられた町屋造りの母屋などを中心に建物などの案内、アルプスウォーターとエアウォーター2社による大町の水の紹介&振舞い、「金蘭黒部」に関する説明と展示

大町市街地の各商店では「Oh♪machiバル」を開催。参加店で各店舗自慢のバルメニューを1コイン(500円)で楽しめる仕組みです(主催:大町まちづくり協議会)。

このステッカーが目印に

このステッカーが目印に

北アルプス「三蔵」呑み歩き(大町市) DATA

開催日 2016年9月3日(土)、雨天決行
開催時間 15:00〜19:00
料金 1500円(利き猪口付き)
所在地 長野県大町市大町3300-1
場所 大町市・本通り/商店街周辺
地図
電車・バスで JR信濃大町駅から徒歩10分
駐車場 100台(大町市営駐車場)/1時間まで無料、以降30分まで100円、以降30分ごとに50円
要ハンドルキーパーと一緒に参加
問い合わせ いーずら大町特産館TEL&FAX:0261-23-7511
公式HP http://alps3kura.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ