諏訪湖

諏訪湖

長野県岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町の2市1町にまたがる周囲15.9km、長野県下最大の湖が諏訪湖(すわこ)。東岸の上諏訪温泉には、南北1kmにわたる湖畔公園が整備されており、散策にも最適です。公園には「諏訪湖間欠泉センター」、7ヶ国の彫刻作家の作品を野外展示する石彫公園などがあるほか、遊覧船(諏訪湖観光汽船)も出航。

糸魚川・静岡構造線と中央構造線が交差する地

中部山岳地帯の隆起、そしてフォッサ・マグナ(糸魚川・静岡構造線)の断層運動によって地殻が引き裂かれて生じた構造湖(断層湖)。
実は諏訪湖は糸魚川・静岡構造線と中央構造線が交差する場所なのです。

湖面標高は759mで、湖面面積1キロ平方以上の自然湖としては国内10位の高所に位置しています。

暖冬でなければ冬季は前面結氷し、氷が大音響ととともに山脈のように盛り上がる御神渡り(おみわたり)が誕生することも。
八剱神社(諏訪市)が御神渡りの判定を司り、八剱神社が御神渡りの認定をしています。
諏訪湖の御神渡りは、その名の通り、諏訪大社上社の男神(建御名方命)と下社の女神(八坂刀売命)を結ぶ道で、最初に出現する南北方面(諏訪市側から下諏訪町側)に走る御神渡りを「一の御渡り」、その後、同じ方向に出現したものを「ニの御渡り」と呼び、「一の御渡り」、「ニの御渡り」に直交するものを「佐久の御渡り」と呼んでいます。
御神渡りの方向やせり上がり具合で、吉凶、豊凶を占ってきました。

諏訪湖の結氷は、氷が想像以上に薄いため、氷上には絶対乗らないように注意が必要。

諏訪湖間欠泉センターなど、上諏訪温泉の源泉のひとつが七ツ釜ですが、結氷した諏訪湖に温泉の湧出によって7ヶ所の穴が空くことがその名の由来です。

山に囲まれた諏訪湖は、セイコーエプソン(本社:諏訪市)、日本電産サンキョー(旧三協精機/本社:下諏訪町)など、精密機械工業が盛んなため「東洋のスイス」とも呼ばれてきました。

毎年8月15日に開催される『諏訪湖祭湖上花火大会』は、打ち上げ数国内最大の花火大会になっています。

諏訪湖
高ボッチ山からの諏訪湖
諏訪湖
御神渡り
名称 諏訪湖/すわこ
所在地 長野県諏訪市湖岸通・岡谷市湖畔・諏訪郡下諏訪町
関連HP 諏訪観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR上諏訪駅から徒歩10分
ドライブで 中央自動車道諏訪ICから約7km
駐車場 300台/無料
問い合わせ 諏訪市観光案内所 TEL:0266-58-0120
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
諏訪湖間欠泉センター

諏訪湖間欠泉センター

北海道の登別温泉(登別市)、九州・大分県の別府温泉(別府市)と並ぶ、日本三大温泉郷のひとつ、上諏訪温泉(長野県諏訪市)。源泉の総数は500以上、湧出量は1分あたり9500リットルにものぼります。そんな上諏訪温泉のダイナミックさを実感できるの

立石公園

立石公園

長野県諏訪市、上諏訪温泉街の背後の山腹に位置する公園が、立石公園で、「信州サンセットポイント100選」、「信州ふるさとの見える丘」のひとつ。上諏訪から霧ヶ峰に登る長野県道40号(諏訪白樺湖小諸線)沿いにあるので、アプローチも便利です。諏訪湖

諏訪湖観光汽船

諏訪湖観光汽船

「東洋のスイス」と呼ばれる諏訪湖(長野県諏訪市、岡谷市、下諏訪町)。諏訪市の上諏訪温泉・湖畔公園にある遊覧船桟橋から下諏訪桟橋、岡谷桟橋を経由し、諏訪湖を一周するのがアルピコグループの諏訪湖観光汽船。巨大な白鳥型の「スワン」、オープンデッキ

標高の高い湖 TOP10

標高の高い湖 TOP10

日本最高所の湖を答えられる人は多くはありません。地理学的にも湖と池、沼の違いを厳密に区分することは困難なので、ここでは湖面の面積1キロ平方以上のものを湖とし、標高別にランキングしてみました。栄(は)えある1位に輝いたのは、栃木県日光市の中禅

天竜川

天竜川

諏訪湖の唯一の水の出口、長野県岡谷市の釜口水門を源流に、伊那谷を南下し、愛知・静岡県境を流れて静岡県浜松市と磐田市の境で遠州灘(太平洋)に注ぐ長大な河川が天竜川(てんりゅうがわ)。幹川流路延長は213kmで、日本第9位、流域面積5090平方

釜口水門

釜口水門

長野県岡谷市にある諏訪湖の水門が釜口水門(かまぐちすいもん)。一級河川・天竜川の源流(起点)。31の河川が流入する諏訪湖ですが、流出する河川は天竜川だけで、諏訪湖の水量調節のため昭和11年に完成した水門が釜口水門です。既存の水門では洪水に対

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ