お食事処 妙光

お食事処 妙光

青森県黒石市、市街地を走る青森県道38号(五所川原黒石線)沿いにある、名物「黒石つゆやきそば」の店がお食事処妙光。醤油ラーメンのスープを使ったオリジナルの「元祖つゆやきそば」の店は、「黒石つゆやきそば」のルーツの店にもなっています。

偶然で生まれた「元祖つゆやきそば」

昭和53年に開店したお食事処妙光。
店主・中村弘美さんは凧・ねぷた絵師でもあり、店内に飾られる津軽凧は、中村さんが制作したもの。
東京・浅草で料理修行を積んだ後、Uターンして、故郷の黒石で食事処を開店。
「元祖つゆやきそば」が誕生したきっかけは、創業から10年ほどたった日の、ある偶然から。
「ソース焼きそばを調理中、仕上がった焼きそばを誤って醤油ラーメンのスープに入れてしまったことがあったんです。で後で食べてみると、中学生時代によく食べた「美満寿」の『つゆそば』を思い出す味」(店主の中村さん)。
「それならうちは『つゆやきそば』でいこうと思って」というのが、妙光版、黒石つゆやきそばの誕生の由来。

そんな偶然がきっかけで生まれた「元祖つゆやきそば」は、そば系のつゆではなく、焼きそばとラーメンスープの融合ということに。
麺には太平麺(ふとひらめん)を使うのは、黒石やきそばの流儀。
戦後、焼きそば用の麺カッターがなく、うどん用のカッターで代用したところ、ことのほか美味しかったのが始まりという。

できあがった焼きそばをすり鉢(丼)に入れ、鶏ガラや豚バラなどから出汁(だし)をとったラーメンのスープを投入、たっぷりの揚げ玉とネギをのせれば、「元祖つゆやきそば」のハイ、できあがり。
麺にしみ込んだソースとラーメンのスープが合わさり、塩っ辛さや味のくどさもなく、不思議な余韻が生まれるのです。

お食事処 妙光
名称 お食事処 妙光/おしょくじどころ みょうこう
所在地 青森県黒石市元町66
電車・バスで 弘南鉄道黒石駅から徒歩12分
ドライブで 東北自動車道黒石ICから約5km
駐車場 3台/無料
問い合わせ お食事処 妙光 TEL:0172-53-2972
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
つがるの食彩 野田

つがるの食彩 野田

青森県黒石市にある主人・野田明さんが、水、食材にこだわる日本料理の店。厚目内産の玄そば(石臼挽きにした無農薬自然栽培そば粉)を使った香り豊かな手打ちそば、季節料理がメインで、黒石名物よされ鍋、そして黒石つゆやきそばなどが味わえます。店主考案

すずのや

すずのや

青森県黒石市、 「こみせ通り」沿いにある黒石やきそば専門店が、すずのや。発祥の店といわれる「美満寿」(みます)の味を再現したのがこの店。黒石の人にとって「焼きそばは太い麺が当たり前」という、昔ながらの黒石焼きそばが味わえるので、全

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ