嵐山『鵜飼』(嵐山通船)|京都市

嵐山『鵜飼』(嵐山通船)

毎年7月1日~9月23日、京都市の嵐山で『鵜飼』(嵐山通船)が行なわれます。嵐山の中心を流れる大堰川(おおいがわ)では、かがり火の中、古式漁法の鵜飼の見物が可能。貸切船なら屋台船の中で料理をいただくこともできます。宮廷鵜飼船(当日9:00〜予約受付)も人気。8月16日は貸切船のみ運航。

平安時代に始まった宮廷鵜飼がルーツ

夏の風物詩である嵐山の鵜飼は清和天皇(清和源氏の祖/在位858年~876年)の御代に宮廷鵜飼として創始されたもの(『祇園祭』も清和天皇の御代に始まっています)。
平安時代編纂の『後撰和歌集』には「大堰川(原文は大井河)浮べる舟のかヾり火に をぐらの山も名のみなりけり」という在原業平の歌が記載されています。
そんな大堰川の鵜飼も江戸時代に途絶しましたが昭和25年再興されています。

乗合船は予約不要で、当日北乗り場または南乗り場に直接出向けばOKです。
源氏物語千年紀にちなんで鵜匠や船頭が白装束に扮する「平安王朝・宮廷鵜飼」を再現した宮廷鵜飼船に注目です。

乗合船は19:00、20:00(9月は18:30、19:30)出船。
宮廷鵜飼船は20:00 (9月は19:30)出船。

乗合船は、大人1800円、小人900円。
宮廷鵜飼船は、大人2100円、小人1050円。
乗船時間は1時間以内で、食事持ち込みは不可。
貸切船は乗船時間2時間以内(予約制)、食事持ち込み可で、10人乗り4万円。
クレジットカードは不可。

嵐山『鵜飼』(嵐山通船)|京都市
開催日時 毎年7月1日~9月23日
所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町・西京区嵐山中尾下町
場所 大堰川
関連HP 嵐山通船公式ホームページ
電車・バスで 京福嵐山駅から徒歩10分。阪急嵐山駅・JR嵯峨嵐山駅から徒歩15分
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約11km
駐車場 京都市嵐山観光駐車場(105台/有料)
問い合わせ TEL:075-861-0302
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
宇治川『鵜飼』(宇治川観光通船)

宇治川『鵜飼』(宇治川観光通船)|宇治市

毎年7月1日〜9月30日、京都府宇治市の宇治川で『鵜飼』(宇治川観光通船)が行なわれます。乗合船、貸切船ともに京都府立宇治公園中の島喜撰橋畔(宇治橋上流塔の島)で乗船。貸切船は、予約で食事も可能。乗合船は乗船・遊覧のみで予約も不要。17:0

鵜飼 全国11ヶ所★完全ガイド

鵜飼 全国11ヶ所★完全ガイド

『日本書紀』や『古事記』に記される鵜飼(うかい)。国内で観光的に鵜飼が行なわれているのは、山梨県石和温泉から、大分県日田温泉まで全国11ヶ所。鵜を操る鵜匠(うしょう)を育てること、さらにはウミウを飼いならすことに時間がかかるため、伝統的な漁

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ