松戸市戸定歴史館

松戸市戸定歴史館

千葉県松戸市にある松戸市戸定歴史館は、最後の将軍・徳川慶喜(とくがわよしのぶ)の実弟で、水戸藩最後の藩主、徳川昭武(とくがわあきたけ)の別邸「戸定邸」に隣接する歴史館。江戸時代から明治維新に至る激動の時代に、若くして隠居した徳川昭武の生涯をわかりやすく解説しています。

最後の水戸藩主・徳川昭武の別邸・庭園に隣接するミュージアム

松戸市戸定歴史館

徳川昭武は、徳川慶喜の名代として1867年のパリ万国博覧会にも派遣され、パリ滞在中に大政奉還や戊辰戦争が起こっているのです。
明治17年築で国の重要文化財に指定される戸定邸の調度品、水戸徳川家伝来の写真など、ゆかりの品を常設展示するほか、企画展や特別展(展示内容は3ヶ月に一度の割合で変更)を開催。

戸定邸を含む旧松戸徳川家の敷地は、戸定が丘歴史公園として整備され(ペットを連れての入園は不可)、「日本の歴史公園100選」にも選定、旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)は国の名勝になっています。

「戸定邸」からは例年11月12~13日頃、そして1月29日頃に富士山頂に日が沈むダイヤモンド富士を眺めることが可能で、戸定が丘歴史公園内戸定邸として「関東の富士見百景」にも選定されています。

松戸市戸定歴史館
名称 松戸市戸定歴史館/まつどしとじょうれきしかん
所在地 千葉県松戸市松戸714-1
関連HP 松戸市公式ホームページ
電車・バスで JR松戸駅から徒歩10分
ドライブで 東京外環自動車道三郷南ICから約4.4km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 松戸市戸定歴史館 TEL:047-362-2050/FAX:047-361-0056
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
戸定邸

戸定邸

千葉県松戸市にある最後の将軍・徳川慶喜(とくがわよしのぶ)の実弟で、水戸藩最後の藩主、徳川昭武(とくがわあきたけ)の別邸が戸定邸。高台に位置する一帯は戸定が丘歴史公園として整備され、戸定邸の向かい側には松戸市戸定歴史館が建っていて、水戸徳川

旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)

旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)

千葉県松戸市にある最後の将軍・徳川慶喜(とくがわよしのぶ)の実弟で、水戸藩最後の藩主、徳川昭武(とくがわあきたけ)の別邸が戸定邸。国の重要文化財に指定される邸宅に付属するのが、旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)で国の名勝になっています。明治時代の

戸定が丘歴史公園

戸定が丘歴史公園

千葉県松戸市、水戸藩最後の藩主・徳川昭武(徳川あきたけ)が明治17年に築いた別邸「戸定邸」(国の重要文化財)と庭園(国の名勝)、そして松戸市戸定歴史館の建つ一帯を公園として整備したのが戸定が丘歴史公園。日本の歴史公園100選にも選定されるほ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ