雲谷庵跡

雲谷庵跡

山口県山口市天花1丁目、瑠璃光寺(るりこうじ)の東に位置する雪舟(せっしゅう)のアトリエ跡が、雲谷庵跡(うんこくあんあと)。室町時代を代表する画僧・雪舟は、大内文化華やかかりし時代に、大内氏の遣明船で明に渡り3年間滞在、禅学、中国絵画を学んでいます。

雪舟は、西の京・山口を拠点に水墨画の名作・大作を描く

雲谷庵跡

雪舟は、康正2年(1456年)・37歳頃、大内家13代当主で周防・長門・筑前・豊前・肥前守護の大内教弘(おおうちのりひろ)の招きで山口へ移り、大内氏の庇護を受けて、寛正5年(1464年)頃までに、アトリエとなる雲谷庵を構え、寛正6年(1465年)には雪舟と号しています。

大内教弘は、10代当主・大内義弘(おおうちよしひろ)が始めた日朝貿易、日明貿易との独自貿易を続け、山口には京にも負けない華やかな文化が花開いていました。

応永元年(1467年)、雪舟は大内義弘の遣明船で中国・明の寧波に上陸、天童山景徳禅寺では「四明天童山第一座」の称号を得、彩色や破墨の画法を学び、大内義弘没後の文明元年(1469年)に帰国しています。

明からの帰国後も、第14代当主・大内政弘(おおうちまさひろ)の庇護のもと雲谷庵を拠点に、各地を旅して87歳で没するまで水墨山水画の完成に励んでいます。
京は応仁元年(1467年)〜文明9年(1477年)までの11年に渡り、応仁の乱の戦場となり(大内政弘は西軍の主力)、それを避ける目的もあったと推測できますが、大内政弘の治世において、山口が西の京と呼ばれる文化芸術的な基礎が築かれています。


縦39.7cm×横1592.0cm、国宝の大作『四季山水図巻(山水長巻)』(毛利博物館蔵)は、文明18年(1486年)の銘があり、雪舟が67歳のとき、雲谷庵で大内政弘のために描いたのだとか(大内氏の滅亡後に毛利家の所有に)。
文亀元年(1501年)頃には、丹後国の天橋立に赴き、有名な『天橋立図』を描き、永正3年(1506年)、87歳で没しています。

雲谷庵跡にある現在の茅葺きの庵は、明治17年に復元されたもの。

雲谷庵跡
名称 雲谷庵跡/うんこくあんあと
所在地 山口県山口市天花1-12-10
関連HP 山口観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR山口駅から防長交通バス競技場行き、またはJRバス東萩・小郡行きなどで7分、野田学園前下車、徒歩5分
ドライブで 中国自動車道山口ICから約8km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 山口市教育委員会事務局文化財保護課 TEL:083-920-4111/FAX:083-920-4112
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
常栄寺雪舟庭

常栄寺雪舟庭

山口県山口市宮野下にある臨済宗東福寺派の寺、常栄寺。もとは室町時代に造られた大内氏14代・大内政弘(おおうちまさひろ)の別荘跡で、父・大内教弘(おおうちのりひろ)が、夫人・妙喜尼の菩提を弔うため曹洞宗の寺、妙喜寺を開山。庭園は、大内政弘が別

雪舟四大庭園

【知られざるニッポン】vol.46 雪舟四大庭園を鑑賞しよう!

室町時代の禅僧で水墨画でも名高い雪舟(せっしゅう)。大内氏の遣明船で明へ渡航し、帰国後、西国各地に雪舟庭園を作庭しています。現存する雪舟庭のうち、医光寺、萬福寺(以上、島根県益田市)、常栄寺(山口県山口市)、旧亀石坊庭園(福岡県添田町)の4

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ