白浜海洋美術館

白浜海洋美術館

千葉県南房総市白浜町、野島埼灯台のすぐ下の松林に建つ、蔵造り風の建物が白浜海洋美術館。柳八十一・和子夫妻が私財を投じて開館したプライベートミュージアムで、大漁を祝って着る漁師の晴れ着、大漁半纏(たいりょうはんてん)の「万祝」(まいわい)200着を中心に展示が行なわれています。

「万祝」の芸術性を後世に伝える貴重な美術館

三重県出身で、東京の百貨店に勤めていた柳夫妻は昭和37年、白浜を旅行中に偶然、海女達が休む小屋で万祝を見つけ、その美しさに魅せられ、失われていく万祝を後世に残したいとの思いで万祝(萬祝)と海関係美術工芸の塊集を始めました。
柳八十一さんは、白樺派の柳宗悦を師と仰ぎ、民芸に対する造詣が深く、房総沿岸中の漁師民家を「万祝ないですか?」と訪ね歩いて万祝を集めたのだとか。

万祝は、前年の大漁を祝い、今年の大漁祈願をするための寺社参詣用の半纏(はんてん)。
大漁だった年の暮れに、網元から漁師へ反物が配られ、漁師の妻や母が半纏(万祝)に仕立て、正月に万祝を着て網元の家に集合し、寺社に参詣、網元の家で正月2日から三日三晩の酒盛りをするという風習があったのです。
それでもひとりの漁師が手にすることができるの万祝は生涯に2、3着だったとか。

江戸時代から明治にかけて房総はイワシ漁で繁栄。
大きな網元は10万石クラスの大名に比肩するほどという財力を誇り、江戸から文化人を招いては逗留させていました。


こうした繁栄を背景に、房総で生まれたのが大漁半纏の万祝で、その後、太平洋沿岸沿いに東北などに伝搬しましたが、その豪華さ、芸術性は房総の万祝には及びません。
江戸の絵師に描かせたデザインなどもあって、その芸術性も高く評価されています。
「ハァ~ 鮪とらせて 万祝着せて 詣りやりたい 高塚へ キッタマッキの帆前船 上はデッキですべくるよ」(『安房節』)。

戦後は、第二次世界大戦の混乱もあって数々の下絵や万祝そのものが消滅、イワシの不漁が追い打ちをかけ、今では博物館に展示される品となったのです。

現在は息子・柳善夫さんの代になっていますが、万祝、船首につけられていた装飾品などをはじめ、大漁奉納絵馬、貝合せ道具、船徳利など、漁民たちの暮らしのなかで使われてきた生活用具など貴重な品々が展示されています。
房総半島発祥の大漁半纏、万祝コレクションは必見の価値があります。
また、参勤交代の大名達が乗った御座船の屏風なども貴重。

館内には福禄寿が祀られ、安房七福神(天津小湊・妙の浦恵比寿堂、清澄寺・布袋尊、天津小湊・多聞寺毘沙門天、鴨川・厳島神社弁財天、仁右衛門島・寿老人、南房総市市久保・真野寺大黒天)のひとつになっています。

白浜海洋美術館
名称 白浜海洋美術館/しらはまかいようびじゅつかん
所在地 千葉県南房総市白浜町白浜628-1
関連HP 白浜海洋美術館公式ホームページ
電車・バスで JR館山駅からJRバス安房神戸回り白浜行きで33分、野島崎灯台口下車、徒歩10分、またはJRバスフラワーライン経由安房白浜行きで51分、灯台前下車、徒歩3分
ドライブで 富津館山道路富浦ICから約18km
駐車場 130台/無料
問い合わせ 白浜海洋美術館 TEL:0470-38-4551
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

野島埼灯台

房総半島最南端、太平洋に突き出ている南房総市白浜町の台地に建つ灯台。灯火部分に上ることの可能な参観灯台で、狭く急な階段を上れば太平洋と、南房総国定公園に指定された南房総の岩礁地帯を一望に。観音埼灯台についで古い灯台で「日本の灯台50選」に選

道の駅白浜野島崎

道の駅白浜野島崎

千葉県南房総市白浜町滝口、南房総の最南端を走る国道410号近くに位置する房総半島最南端の道の駅が、道の駅白浜野島崎。駐車場とトイレ、休憩施設、農産物の直売コーナー「FarmersConcierge」があり、パンフレットなども置かれているので

白浜城跡(白浜城跡展望台)

白浜城は房総半島最南端、野島埼灯台の北1kmほどの丘陵に位置する中世の山城。戦国時代に安房(あわ)を領有した里見氏の祖・里見義実(さとみよしざね)が安房に進出し、最初の拠点としたのが白浜城です。御賓頭廬(おびんづる)尊者像のある青木観音堂の

磯料理いそや

磯料理いそや

千葉県南房総市、白浜の野島埼灯台の入口、白浜野島崎園地のロータリーに面して建つ地魚料理の店が、磯料理いそや。元漁師の主人がつくる漁師料理が味わえるとあって人気です。メニューも刺身の盛り合わせ、さざえ丼、さざえカレー、名物のなめろう、さんが焼

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ